アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
神戸シノワズリ倶楽部
ブログ紹介
KOBEから旅の話、本の話、おいしいもの・お酒の話などをお届けします。
zoom RSS

『Nagata Wine Stand』とか

2018/11/13 00:02
しばらく更新できず、申し訳ありません。

身体がガチガチに硬直するほど激務の日々ですが、元気です。
お酒も相変わらず、楽しく飲んでいます。唯一の癒しです。

最近、新規開拓する勇気がなかったのですが、久しぶりに前から気になっていたこのお店に初訪問。
『Nagata Wine Stand(ながたワインスタンド)』さんです。
まず、ベルギービールをいただきました。
ポテトグラタンと。
画像

すっきりしたグラスの白を自家製ドライフルーツと。
画像

初めてのお店で、たくさん地元民話(じもとみんばなし)をして和みました。
六間道商店街よりも更に西へ。見つけるのに苦労するお店です。
また、機会があれば行ってみたい。

週末ランチ会場選びに迷って、通りすがりに入った元町の『トリウオ』さん。
おしゃれなヤキトリ屋さんです。ランチメニューも「鶏」中心です。
チキンカツ・デミグラスソースをお願いしました。850円だったかな?
画像

見栄えのいい正統派のランチです。
画像

お店の看板もセンスあふれています。
画像


前回、グラスワインの気風のいい注ぎ方が気に入った新長田の洋食『みやもと』さんへ。
また、ワインをいただきに。
画像

サラダとスープ。
画像

メインの「ポークカツサンド」。
注文を受けてから肉を叩いてくれる、丁寧な仕事をされるお店です。
お肉、めっちゃやわらかかった。食べ応え十分です。
画像

今度は、ハンバーグが食べてみたい『みやもと』さんです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


或る日の『ライオン堂』と或る日のサラメシ

2018/10/17 22:52
珍しく早く退勤できた平日の夕方、阪神御影の『ライオン堂』さんへ。

ワンコインサービスをいつものハーフ&ハーフで。
画像

「鶏のチリソース」と「ブロッコリーのアンチョビ・ガーリック」。
フレッシュなすだちチューハイと。
画像

「新サンマのお造り」を御影の地酒「杜氏鑑(とうじかん)」と。
画像


週末(本来休日の土曜日)もやり残した仕事を処理することが多いのです。「働き方改革」とは、真逆な人生をずっと歩んできました。

そんな時のサラメシのお気に入りが、『咲菜』(JR神戸駅構内「プリコ神戸」店)さんの「鮭のり弁当」です。
カップスープと青汁をお供に。
画像

カップスープは、武庫川女子大学食物栄養学科とのコラボ商品です。
武庫川女子大学さんには、来週仕事でお邪魔することになっています。
武庫女の学食でのランチが楽しみです。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


秋鮭と季節野菜の自家製チリソース炒め(『明楓』)

2018/10/14 23:52
この間の連休中のランチ。『明楓』さんにて。

日替わりの「秋鮭と季節野菜の自家製チリソース炒め」(900円)を。
この日は、スープがシイタケの風味がよく出ていて、いつもと違うなぁと思っていたら、他の常連さんも同じ感想を持っていたみたいで、大好評でした。
小皿も珍しくカナッペが初見参。
画像

全て紅いので、一瞬、全部「鮭」?って錯覚しましたけど、里芋や蓮根、カボチャなどちゃんと季節野菜も使われておりました。実に『明楓』さんらしい。
画像

この日のデザートは、マンゴープリンでした。
画像

いつもながら創作性豊かな『明楓』ランチです。
画像


オマケ。

『カルディ』さんによく立ち寄ります。
(無料の珈琲をいただくためではありません。あしからず、笑)

このお店は、何か面白い食料品が見つかるかも知れないという期待感を抱かせてくれます。

こんなものを見つけました。
画像

まさか、『カルディ』さんがPBで「酸辣湯(サンラータン)」を販売するとは。
興味がわきました。
今でこそ、「酸辣湯麺」とか普通にインスタント食品としても販売されていますが、かつては日本ではお目にかかれない料理でした。

僕が初めて「酸辣湯」に出会ったのも、さむい寒い冬の北京でした。
文字通り酸っぱくて辛い、こんな珍しいスープがあるのかと、ハマりました。

卵と豆腐と、まいたけをたっぷり加えて仕上げました。
黒酢の酸味が効いていて、とてもよかったです。
太麺のソース焼きそばと。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


オムライス(『洋食みやもと』)

2018/10/07 07:49
用があって、新長田へ。

その帰途、偶然見つけたお店でオムライスをいただくことに。

街歩きの邂逅。

少し長めの階段を昇って二階へ。

これは、どうみても『グリル一平』系。
ケチャップライスが透けて見える薄焼き卵で巻くオムライス。
正直僕の好みではありませんが、このお店のオムライスは、とてもおいしかった。
ソースは、3種類から選べました。デミグラス、トマトソース、ケチャップから。
画像

オムライス登場前に、スープとサラダが供されます。このセットで700円台は、お得です。
夜だったので、グラスの白(400円)もお願いしました。グラスになみなみと注いでくれたのが、うれしかった。
画像

今度はランチで行ってみたい『洋食みやもと』さんです。
画像


オマケ。

飲んだ後のシメで、ラーメンに行くことは、ほとんどなくなりました。
飲んだ後の「牛めし」は、時々あります。
飲んだ後のスイーツは、よくあります。

最近、コンビニでこんなの見つけました。
「まるで大学芋なオールドファッション」。
画像

黒ゴマがいいアクセントになって、おいしいです。でも、…
画像

寝る前に甘いものを食べる罪悪感が残ることは、否めません。
健康には、気をつけないと(笑)。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


オムライスとわんたん(『マルヤ浜中店』)

2018/10/01 23:08
「オムライス」の隠れた名店(別に隠れてはいないのですが)の存在を知り、初訪問です。
『マルヤ浜中店』さんです。

「オムライス」(550円)と「わんたん」(380円)をお願いしました。
画像

どちらもなんかホッとする味でした。子どもさんも注文していましたが、黒いデミグラスソースは、大人向きな味だと思いました。しかし、子どもの頃からこの味に親しんだら、きっと懐かしい舌の記憶として刻まれるのだろうなと、そんなことを思いながらおいしくいただきました。
画像

神戸市営地下鉄海岸線「御崎公園」近く、住宅街の中に、一軒家としか思えないたたずまいでポツンと存在する『マルヤ浜中店』さんです。
お昼は開店後、すぐにいっぱいになる人気店です。
画像


オマケ。

「期間限定」とか「復刻」という言葉に滅法弱いのです。

なんの郷愁もないのに、衝動買いしてしまいました(笑)。
『神戸屋』復刻「サンミー」。
画像

買って損はなかったです。素直においしかった。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


Akari(2018年9月)

2018/09/27 23:43
久しぶりの『Akari』ふたり会。

この日の「旬魚のカルパッチョ」は、カツオが主張しています。
画像

「カマンベールチーズと海老の包み揚げ」和風のあんかけ仕立てになっています。
印象深い一品でした。
画像

旬菜のせいろ蒸し。
画像

帆立と枝豆のトマトリゾット。
画像

播州地鶏のロースト。
画像

この日もリラックスして、楽しく会食させてもらいました。

恒例のお土産交換会。

ハワイのチョコやら越後ビールやら今治のタオルハンカチやら…。
画像

そして、こちらもハワイ、コナコーヒー糖衣でコーティングされたマカダミアナッツ。
カロリーを気にしていては食べられないスイーツですが、かなり好みの味です。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


焼きそば定食(焼きそば専門『水卜』大阪駅前第2ビル店)

2018/09/24 17:16
先週の3連休、梅田にて。

遅めのお昼を焼きそば専門店の『水卜(みうら)』さんへ。
焼きそば定食(並850円)を。
ごはんは、白、卵かけ、高菜から選べたので、高菜でお願いしました。
賛否両論あると思いますが、個人的にお好み焼きにごはんはナシですが、焼きそばにごはんはアリです(笑)。
画像

半熟の煮玉子が特徴的です。ソース焼きそばとごはんの炭水化物攻撃は、結構好きです。ごはんがおにぎりだったりすると、なおいいです。
画像

「麻婆焼きそば」なんていう変わり種があったり、お酒のおつまみも用意している『水卜』さんです。
画像


オマケ。

神戸市長田区上沢(かみさわ)で、通りすがりに立ち寄った『ボングー』さんのパン。青汁と。
焼きそばパン(190円)とシーチキンサンド(210円)。
ツナサンドと言わずにシーチキンサンドと言ってしまうところが、潔くて好きです。
食パンが生ではなくて、トーストしてあったのも良かった。
やっぱり焼きそばは、どんな食べ方をしてもおいしいですね。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


海老のかき揚げ(mother's kitchen『北風と太陽』)

2018/09/17 21:18
2度目の『北風と太陽』さん、この日の日替わりランチは「海老のかき揚げ」でした。

2品選べる小鉢は、「蓮根のミンチあん」と「水菜とうすあげの煮びたし」にしました。
画像

メインのかき揚げは、カラッと、サクッと素晴らしかったです。
画像

次回は、レギュラーメニューの「牛100%のハンバーグ」が食べてみたい。
画像

テーブルと椅子が高いのが気になっていたのですが、夜は「立呑み」スタイルになるようです。ハッピーアワーもあるみたいですし、夜も覗いてみたい『北風と太陽』さんです。
画像


オマケ。

職場の同僚から「佐々成政の隠し酒」なるものを頂戴しました。
画像


佐々成政(さっさ・なりまさ)と言えば、大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』の佐々成政(山口祐一郎さん)とその妻はる(天海祐希さん)を思い出します。
『利家とまつ』では、成政・はる夫妻の悲運が割と詳細に描かれていました。

お酒の方は、辛口の大人の酒でした。
『咲菜』さんの「だし巻き」と。

もひとつオマケ。

元町商店街に食パン専門店『春夏秋冬』の支店が、やって来ましたね。
たまたま、夜、いつものBARに向かう途中に出くわし、衝動買いしました。

小さな食パン「キューブ」(280円)と一緒に「アップルパイ」(300円)を買いました。
久しぶりに食べた『春夏秋冬』さんの食パンは、やはりおいしかった。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


酢豚と卵焼き(『樹蘭』)、そして…

2018/09/04 20:42
サクッとランチを済ませたい時に、とても重宝する『樹蘭』さん。

この日もサービスランチ(650円)でお願いしました。メインは酢豚、副菜が『樹蘭』特製の具入り卵焼きです。
画像

絶妙のこのランチサイズが好きです。多くもなく、少なくもない。
画像


オマケ。

8月末は立て続けに楽しいイベントがありました。

今シーズンは、めったに行かないビアガーデンに2度も行く機会がありました。
8月末に初訪問した、神戸大丸10Fの『里山dining野の宴』さんです。
かわいい仲間たちの女子会にまぜてもらいました。
画像

専用ジョッキを使って、下から湧き出る「トルネードビール」なるものも初体験。
樽のスパークリングワイン(赤・白)も少し甘めで、飲みやすいお味でした。

バイキング方式は、(気持ちが急いてしまって)元来苦手なのですが、この日は楽しく過ごせました。
何気ないから揚げやトンカツ、焼きそばなんかがとってもおいしかったです。
そして、〆にいただいた名物の「里山カレー」も好評でした。
各種フルーツやデザートもあって、女子率が高いのも頷けます。
少し暗いですが、第一弾でチョイスしたお皿です。
画像


もひとつオマケ。

梅田で宴会がありました。こちらもかわいい仲間たちとの久しぶりの再会です。
東京から駆けつけたメンバーからお土産を頂戴しました。

銀座『甘楽(かんら)』さんの「銀六餅」と埼玉の「狭山茶」です。
画像

小ぶりなどら焼きのような和菓子です。皮がモチモチで、つぶあんがしっかり詰まっていてとてもおいしいです。狭山茶は、水出しで淹れてみました。こちらも申し分ありません。
素敵なお土産に感激です。「ありがとう」
画像


気の利いたお土産を用意してくれるメンバーもいるかと思えば、またしても、1次会でこんな小道具を準備していた輩もいました。
こんなタスキばっかりたまっても仕方ないんだけど!(笑)。
画像

とにかく、久しぶりにカラオケでマイクも握って、この上なく愉快な会でした。
いつも「元気」をくれるみんなのことが、僕は大好きです!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


チキンカツ デミグラスソース(mother's kitchen『北風と太陽』)

2018/08/27 20:12
高速長田にこんなオシャレなお店ができているとは知りませんでした。

mother's kitchen『北風と太陽』さんです。

以前、たまたま通りがかって、初めてお店を発見した時は、日替わりランチメニューがオムライスでした。この日も秘かに期待したのですが、オムライスではありませんでした。

で、この日の日替わりランチ(850円)をいただきました。
メインは、チキンカツ デミグラスソースです。
画像

スープがあさりのミルクスープ、冷製かなと思いきや温かいスープでした。

小鉢も2品選べるということで、「ズリとにんにくの芽」、「糸こんのチャプチェ風」をお願いしました。
スープも凝っているし、これだけの種類の小鉢を用意できるということは、シェフの抽斗が相当豊富なのだと拝察しました。そして、何より料理がお好きなのだろうと。

更に、この日は白いごはんかトマトリゾットがチョイスできたので、トマトリゾットでお願いしました。
もう、何がなんだかわからない多国籍状態のランチです(笑)。
画像

メインのチキンカツ デミグラスソース。安心していただけるおいしいチキンカツでした。
デミグラスソースも惜しみなくかかっていて、大好きです。
画像

チーズもしっかり効いた濃厚なリゾット、ゴロっとしたチキンも潜んでいました。
画像

ハッピーアワーもあって、お酒も楽しめるお店のようです。
近々1周年の記念イベントも開催されるようです。
週末ランチの、強い味方を得た予感のする『北風と太陽』さんです。
画像


オマケ

昔々から湊川商店街のダイエーの1階に入っているハンバーガーの『ドムドム』。
ほとんど出入りしたことのないお店ですが、最近気になるメニューがありました。

厚焼き卵バーガー(280円税別)です。

或る日、テイクアウトで買ってみました。チーズポテト5P(190円税別)と。

これ、なかなかいいです。気に入りました。おいしいです。また買おうっと!
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


東京街歩き(5)(終)「シウマイ弁当」(『崎陽軒』)など

2018/08/26 21:30
東京からの帰途、羽田空港で必ず買うことにしている夜食用のお弁当があります。

毎度おなじみの『崎陽軒』さんの「シウマイ弁当」(830円)です。
やはり、このバランスの良さは秀逸です。
画像


お土産編

『キットカット』の「東京ばな奈」バージョン。
画像

大好きな「ごまたまご」のニューバージョン「チョコたまご」〜薫るラムレーズン〜
店員のお姉さんにお酒を使っているので、小さいお子さんや車の運転にはご注意くださいと釘を刺されました。それだけしっかりラム酒を使っているということでしょう。
画像

「東京ばな奈」のゴーフレットバージョン。
画像

M君にちょうだいした『崎陽軒』のキューブ型パイナップルケーキ。
画像

短い滞在ながらも充実した旅になりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京街歩き(4)「五色涼拌麺」(『揚子江菜館』)

2018/08/25 18:16
帰りの飛行機まで時間があったので、大好きな神田神保町界隈を散策しました。

お昼もここでとることに。
お店の前は、何度も通ったことがあるのに、食事をしたことはありませんでした。今回、JALの機内誌『スカイワード』で、このお店が「冷やし中華」発祥のお店であることを初めて知りました。
『揚子江菜館』さんです。
画像

で、その元祖冷やし中華「五色涼拌麺」(1,510円)を。
まず、いろんなメディアで紹介されている正面から。
画像

次に向こう正面の画。白い短冊状のものは、糸寒天だとか。
画像

次は、東方の画。茶色のは、細切りのメンマ(たけのこ)。
画像

そして、西方。西方のメインはチャーシューです。
画像

周囲を、丸ごとのシイタケ、海老、絹さやが彩っているのですが、更にサプライズがあって、てっぺんの錦糸卵の下には、うずら卵が2ヶ、小さなつくね(肉団子)が2ヶ潜んでいるのです。これには、驚きました。「五色」どころではありません。

冷麺に1,510円は確かに高額ですが、この内容は十分その価値があります。
タレは、やさしい醤油ダレ、とても食べやすい味でした。

もし、機会があれば、かの池波正太郎氏も愛したと言われる「上海炒麺(上海焼きそば)」を食べてみたいと思います。もちろんその時は、ビールといっしょに。
画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


東京街歩き(3)「特製クリームのリコッタパンケーキ」(『高倉町珈琲』大井町店)

2018/08/23 22:44
今回の東京行で、どうしてもこの目で確かめたい、味わってみたいと思っていたのがこちら。
『高倉町珈琲』さんの「特製クリームのリコッタパンケーキ」です。

神戸でも一度もいただいたことのないパンケーキですが、『ガイアの夜明け』(TV東京)に登場した創業者のプロフィールや経営姿勢にも興味がわき、初訪問です。
画像

圧倒されるビジュアルです。
人気メニューだけあって、甘さは控えめです。大きなパンケーキが二枚重ね、ボリューミーです。
画像

満腹感を感じることはもちろんですが、苦しい満腹感ではありません。
この目で実際に確かめた満足感があったからでしょう、清々しい気分になりました。
『高倉町珈琲』大井町店です。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


東京街歩き(2)「手羽先唐揚」(『鳥良商店』)ほか

2018/08/20 20:20
メインの吉祥寺飲み会。

紆余曲折を経て、1次会の会場は鳥料理専門店の『鳥良商店』さんへ。

看板メニューの「手羽先唐揚」の中辛。
画像

小生がオーダーした「チキン南蛮」。まろやかなタルタルソースがたっぷりと。
画像

鳥の各種部位を塩味で焼きつけた「くわ焼き」。柚子胡椒をつけながらいただきます。
画像

「揚げ茄子(の煮びたし)」あたたかくて、甘辛い醤油味。
画像

最後は、M君オーダーの「ポテサラ」。なんだかわからないけど、カリカリした食感のふりかけがいいアクセントになっていました。
画像


最近2次会は、ほぼ会場が固定されてきた感があります。
大好きな『ハモニカ横丁』へ。

おなじみの『エイヒレ』で、地酒と「エイヒレの炙り」。
このお店も入れ代わり立ち代わり客足が絶えることがありません。
画像


そして、前回から開拓したワイン専門立ち飲みの『ばっかす』さん。こちらも人気店です。
若い女性スタッフが一人でがんばっています。「白」で。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京街歩き(1)「鯖サンド」(『オリミネベーカーズ』)

2018/08/19 10:10
週末ちょこっと東京へ。

最近は、機内でのソフトドリンクは、「ビーフコンソメ」を選ぶことが多くなりました。
機内での温かいスープ、なんだかホッとさせてくれます。
往路の機材は、B-777(トリプルセブン)でした。
画像

夜の飲み会がメインだったので、お昼は軽くサンドイッチにしようと思いました。
「鯖サンド」が有名なこちら、築地の『オリミネベーカーズ』さんへ。
画像

このお店の商品では、かなり高額な「鯖サンド」(504円)、冷蔵ケースの中にたくさんありました。生のタマネギがシャキッとして、レモンもかかっていて、さわやかでよかったです。
画像

かの井之頭五郎先生(『孤独のグルメ』の主人公)もドラマでおっしゃっていた「こんなにお茶に合うサンドイッチがあるだろうか」という台詞を思い出し、ドリンクは緑茶にしました。

パン屋さんには、イートインスペースがないので、近くの公園の日陰を選んで、いただきました。
「鯖サンド」だけではさみしいので、チーズとトマトのフォカッチャ(257円)も。
わかりやすい見た目ですが、蜂蜜を乗せているのか?ほの甘くて、とてもおいしかったです。

近所で働いている女性なのか、木陰の椅子で持参のお弁当を食べる人、ベンチで雑誌を読む人、遊具で子どもを遊ばせる親子、お昼休みの公園の風景を眺めました。
この日は、暑さもやわらいで、風も心地よかった。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


豚バラ肉と揚げ芋の自家製中国式角煮(『明楓』)

2018/08/16 23:31
或る日の『明楓』ランチ。「角煮」の文字を見て、日替わりに即決です。
画像

日除けのせいか、少し映りが暗いですね。でも、食欲をそそる盛り付けです。
画像

『明楓』さんらしく野菜がふんだんに使われていてお肉が見えません。
が、野菜の下に厚切りの豚バラが数枚隠れています。
ごはんのおかわりを自重するのに苦労するおいしさでした。
お昼は控えめに、と決めているので、マダムの「ごはんおかわりいかがですか?」との誘惑を意を決して断ちました。(そんな大げさな、笑)
画像

デザートは、とろとろの杏仁豆腐でした。冷たいブレンド茶もおいしかった。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スープカレーとナン(南インド家庭料理『インダスレイ』)

2018/08/12 15:30
無性にナンを食べながら、ビールが飲みたくなって、初めて訪問するこちらへ。

元町界隈のインド・ネパール料理店では、高評価を得ている南インド家庭料理『インダスレイ』さんへ。

おすすめのスープカレーとナンのセットを。(990円ぐらいだったと思います、曖昧でスミマセン)
もちろん、ナンは焼き立てです。
画像

スープカレーには、ゆで卵丸ごと1ケ、大きなオクラもドーンと1本、そして、大ぶりにカットした揚げ茄子がよかった。少々パクチー(香菜)も乗っています。鶏肉も入り、具だくさんで深みのあるスープでした。
画像

ただいま、こんなうれしいサービス期間でした。
画像

ビールとナンの気分だったので、もちろんオーダー。
インドなのになぜか「ゴッドファーザー」を。からーいスナックも付いてきました。
初めての「ゴッドファーザー」は、なかなか飲みやすく、おいしいビールでした。
画像

狭い店内は、予約客も含めていっぱいでした。
ここ数年、神戸にはインド・ネパール料理店が急展開されている感がありますが、このお店はコンセプトがしっかりしているので、人気があるのも頷けました。
また、ナンとビールを目当てに再訪しようと思います。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Akari(2018年8月)

2018/08/11 14:52
8月上旬、或る記念日の自分へのご褒美に『Akari』会。

「お造り盛り合わせ」から。
画像

白身の刺身を乗せていただく岩塩が復活。
画像

焼き茄子とトマトのカプレーゼ、大葉のジェノバソース。
『Akari』さんにかかると焼き茄子もこうなってしまうのかという創作感あふれるお料理です。が、「焼き茄子」はやはり、少し焦げた風味と鰹節とおろし生姜に慣れ過ぎていて、完全に別物の料理でした。
画像

女将さんにこんな日本酒をチョイスしてもらいました。
画像

高知の純吟「豊能梅」を涼やかなお猪口でいただきながら、沖縄で食べなかったアグー豚を揚げてもらいました。ボリューム感がいいです。『Akari』さんのデミグラスソースも好きです。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ランチセットA(みそラーメン『さつき』)

2018/08/06 20:59
随分、久方ぶりの訪問です。

今となっては、神戸の味噌ラーメンの名店として不動の人気を誇る『さつき』さんです。

今はもう、みそラーメン1本で勝負されているようです。
以前は、仕事終わりに焼きそばとビールとかでホッと一息ついていました。

ランチセットA「みそラーメン・ぎょうざ・ご飯」(700円)をお願いしました。
餃子は、ニラの効いたふくよかな味です。
画像

濃厚な味噌味のスープは、ご飯にぴったりです。
麺は、細麺。量が多いです。スープにつかっていますが、チャーシューも少なくありません。
疲れているので?、卓上のおろしにんにくを加えました。
画像

時間帯によっては、行列ができるようになっている模様です。
画像

テントもすっかりキレイになっていました。
女将の客あしらいも相変わらず素晴らしい『さつき』さんでした。
画像


オマケ。

この前夜。突然「かわいい仲間たち」(の野郎ども)から誘いを受け、神戸の貝つぼ焼きの老舗に行くことになりました。「やれやれ」(笑)。

このお店に案内されて、初めて来たのは、もう10年以上も前のことです。
だから、こちらも久方ぶりの再訪です。
看板メニューのつぼ焼き(600円)ほか、だし巻きや砂ずりをいただきながらビールを飲み、貝雑炊と牛すじ雑炊でシメました。
画像

この夏の、愉快な思い出の一頁になりました、ということにしておこう!(笑)。
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


遙か島MIYAKO 6(終)「旅の土産編」

2018/08/06 00:32
昔は、旅の土産は買わない派だったのに、最近は旅土産を買うのも旅の楽しみになりました。
「宮古島サイダー」Tシャツです。
画像

「オリオンビール」です。定番と夏の期間限定商品「夏いちばん」、マンゴーテイストのビアカクテル。
画像

沖縄らしいレトルト食品と「ジーマーミ豆腐」。
「ジーマーミ豆腐」は、なぜかみたらし団子のような甘辛いタレをつけて食べますが、僕はこれが結構好きです。
画像

宮古島土産に『雪塩』系は、外せません。『雪塩』そのものと、関連のスイーツ。
画像

そして、職場のデスクの抽斗にしのばせておくために買った日持ちのする「黒砂糖」。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

神戸シノワズリ倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる