アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
神戸シノワズリ倶楽部
ブログ紹介
KOBEから旅の話、本の話、おいしいもの・お酒の話などをお届けします。
zoom RSS

あじフライ定食とか…

2017/07/16 23:04
多忙にて更新がままならず、ゴメンナサイ。

先日、土曜朝の旅番組のとあるコーナーで、ラッシャー板前氏があじフライをおいしそうに食べている姿を見て、あじフライが食べたくなりました。
神戸であじフライをレギュラーメニューで出しているお店があるのか?と調べてみると、ありました。三宮「サンパル」1F、飲食店が並んでいる一画にある「山陰・隠岐の島ワールド」さんが出していました。
あじフライ定食680円(税別)です。
画像

「あじフライ」は、島根県境港にある食品加工会社『角屋食品』さんの無添加アジフライです。
画像


「きょうされんカレー」なるものを入手しました。

「きょうされん」とは、「作業所、グループホーム、相談支援事業所など、障害のある人たちを支援する事業所によって構成されている団体」です。

「国産牛・国産野菜など素材にこだわったビーフカレー」だそうです。
あたためたレトルトパウチを開けると、具がゴロゴロ出てきて、うれしくなりました。味もパッチリです。日本のレトルトカレーのレベルの高さにあらためて驚かされます。好物の野菜フライ天を添えました。
画像


近頃、NHKオンデマンドで放映され始めた、たった5分間のドラマにハマっています。

その名は、「野田ともうします。」。

原作はマンガですが、ドラマは実写です。
主人公野田かずこを演じるのは兵庫県姫路市出身の江口のりこさん。

野田さんが通う「東京平成大学」とバイト先のファミレス「ジョリーズ」が舞台になっていますが、どちらも天然の野田さんをあたたかく見守る仲間たちがいます。
全く悪気のない純真な野田さんの、ちょっと外れた言動に笑いがこらえきれません。
思わず原作のマンガも買ってしまいました。元来マンガは読まない人間なのに。
一編がとても短いので、ショットバーでハイボールでも飲みながらぼんやり眺めるのにも、もってこいの作品です。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


Akari(2017年6月)

2017/07/01 09:29
とうとう7月になりました。蒸し暑くなってきましたね。
6月のちょっと厄介なミッションも無事にやり過ごし、ひとり慰労会。
月一の『Akari』さん。遅い時間に席を作ってもらいました。
スタートはいつもの「生」から。つきだしもいつもの。
画像

遅がけだったので、本日の魚はあらかたなくなっていました。
そこで、「本日の八寸」をお願いしました。
冬瓜やぬたや枝豆。右端はしっかり辛いタレをまとった「よだれ鶏」。季節を感じます。
画像

「淡路産の活け鱧とたまねぎのミニ鱧鍋」、今シーズン初ハモです。とても上品なおだしでした。
画像

シメは、前回いただいて強く印象に残った「佐賀牛のミニステーキ丼」を再度リクエスト。
疲れが癒されます。
画像

おいしいものを食べて、「元気」を取り戻すことは、とてもたいせつです。
今更ながら切に実感しました。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


スープ&チャーハンセット(『楽々食館』)

2017/06/20 22:08
週末、水道筋の『楽々食館』さんでランチ。
ワンタンスープと広東風チャーハンのセット(780円)を。
揚げ物2種、デザートまでついてこのお値段は、お得です。
他のランチメニューも安いので、お昼時は満席必至です。
皮がパリッとした広東風の春巻きもよかった。
画像

チャーシューがたくさん入っているチャーハン。海老3ケも主張しています(笑)。
画像


オマケ1。

『梅香(メイシャン)』厨房の乾物貯蔵抽斗に眠っていた「芽ひじき」を発見。
衝動的に2品作りました。
一つは、オーソドックスな薄揚げとの甘辛煮、もう一品はサラダパスタとのマヨネーズ和え。
どちらも納得の出来栄えです。
画像


オマケ2。

NHKの「あてなよる」を見ていて、ソムリエの若林さんが紹介した南アフリカの「ピノタージュ」が気になり、取り寄せました。
「お好み焼きには、ピノタージュ」という若林さん推薦の、ソースに合う「赤」なのかどうかまでは、小生の舌では判別できませんでした。
画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ポイント生活

2017/06/12 23:02
今まで全然気にも留めていなかったこと。

スマホのポイントがたまっていて、「もうすぐ期限切れを迎えるポイントがあります」という突然の知らせが届きました。驚きました。普段全く関知していなかったことでした。

そう言えば、PHS時代にたまったポイントで今でも愛用している「デュラレックス」のグラスを頂戴したことがありました。

それ以来のポイント交換チャンスです。

「芋けんぴ」です。
しかも生姜風味。しっとり感のある珍しい芋けんぴでした。
画像

それから、職場用の「マグカップ」。
長年愛用して来た職場用のマグカップは蓋つきのプラスチック製でした。大袈裟に言えば、ずいぶん長い間職場で苦楽を共にしてきました。そろそろ、新規購入の時期だと思っていました。保温・保冷にすぐれたステンレス製のものを選びました。
画像

それから、「書見台」。
データ入力の際に便利そうだと思いました。見れば、なんとなく懐かしいデザインです。小生が生まれるずっと前、昭和36年生まれのロングセラーで「ケンコー書見台」という商品名でした。「正しい姿勢で近視予防にもなることから『ケンコー(健康)』の名が付けられ」たそうです。
画像

実は、最初に注文したのは、北海道のがごめ昆布入り「とろろ昆布」でした。
味噌汁に入れると最高です。大当たりでした(笑)。
画像

「芋けんぴ」(4袋)、「マグカップ」、「書見台」、「がごめ昆布」、これらすべてポイントだけ(無料)でゲットしました。

昔、或る番組の中で「懸賞生活」というコーナーがあったのを思い出しました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


CRAFT BEER LIVE 2017

2017/06/04 15:21
某所の愉快な仲間たちの御誘いを受け、1年ぶりにこのイベントに参加しました。
難波、湊町リバープレイスで開催された『CRAFT BERR LIVE 2017』です。
快晴の空の下、絶好のビール日和でした。
画像

今回アテは、それぞれメンバーが持ち寄ってきました。サンドイッチやら枝豆やら、小生はカレー風味の柿の種を。
画像

手作りのローストビーフは、最高でした。屋台コーナーの地鶏の炭火焼きの差し入れも。
画像

コーヒーフレーバーのビールを飲んでいる時は、甘いラスクが相性抜群でした。
(結局、なんでもいいんですけど、笑)
画像

俯瞰した画。昼飲みに興じる民で大にぎわい。
画像

2次会もリーダーが考えてくれていました。
途中、こんな駅に下車したのですが、何駅だろう?「ようおこし」って(笑)。
画像

会場はこちらです。
画像

自家醸造のワインをいただきました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Akari(2017年5月)

2017/05/25 22:27
上半期の重要なミッションをなんとかやり過ごして、独り打ち上げ。
会場は『Akari』さんしかありません。

自家製ポテトチップスをつまみにいつものように生ビールを飲み、旬魚と旬菜のカルパッチョ。
この日は、金目鯛と鯛でした。目にも鮮やかだし、ガーリック風味のソースが疲れた身体には沁みました。
画像

地鶏と軟骨のつくね。コリコリとした食感よし。アイスキャンディーのバーのようなスティックもおもしろし。
画像

NHKのドラマ「みをつくし料理帖」を見て、茶碗蒸しが食べたい気分だったので、雲丹のあんかけ茶碗蒸しを。
画像

疲れていたので、グラスワインがよく回りました。
シメには、佐賀牛のミニステーキ丼を。
画像

「みをつくし料理帖」の種市(小日向文世さん)の台詞を借りるなら、「これは、いけねぇよぉー」の世界です(笑)。お肉もすごいボリュームだし、ごはんと肉の間を取り持つ甘辛いタレのしみたおろし大根が最高でした。
画像

日々の生活の節目に『Akari』さんの料理とお酒は欠かせない存在になっています。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


或る日のお弁当

2017/05/14 20:30
神戸駅構内プリコ神戸内にある『咲菜』(さかな)さんの鮭とからあげとだし巻きののり弁。
このお弁当のからあげは、はじめからタレをまとっています。ごはんの中には細切り昆布の佃煮。これでワンコイン(500円)以内なのでお得です。
画像

これだけではさすがにバランスが悪いので、サラダとか味噌汁とか合わせました。
画像

某所で生姜ごはんとか豆ごはんの話をした翌日、スーパーではまだ、新生姜もうすいえんどうも売られていて、和歌山産のうすいえんどうを買いました。
画像

さやから豆を取り出す作業も楽しいですね。
画像

さっそく豆ごはんに。最近採用しているお米は、北海道の「ゆめぴりか」。
素朴だけど、おいしかった。
画像

そして、次の日。
実家で自分ではまず買わない高級牛肉を頂戴していたので、ほうれん草と炒め合わせてお弁当のおかずにしました。ちょっと贅沢なサラメシになりました。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


オムライス串5本セット(心斎橋『明治軒』)

2017/05/06 13:58
今年のGWもチマチマ仕事をこなしているうちに、過ぎ去ろうとしています。
でも、本を読む時間を楽しんだり、お酒も飲んだり、楽しく過ごしています。

元気を出すために、久しぶりにあのオムライスを食べに行きました。
心斎橋の『明治軒』さんの「オムライス串5本セット」(1,180円)です。
画像

相変わらず客あしらいの上手な名店です。
画像


オマケ。

職場で高級そうなバナナをいただいたので、自宅で10数年ぶり?に「ミックスジュース」を作りました。
画像

いつもながら好みの濃度にするのが難しいのですが、おいしくできました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『千疋屋』の思い出

2017/05/04 18:26
水道筋の『千疋屋』さんで一番思い出に残っているメニューは「カキフライ」です。

震災前(現在の場所に移転する前)のお店でいただいたメニューです。まだ、サービス定食が450円という信じられない値段の頃です。晩ごはんに困った時に、よく仕事帰りに立ち寄っていました。

その昔、或る日のサービス定食が「カキフライ」でした。カキフライがメニューに上がるということは、冬場だったのでしょう。
もう、店じまいの時間が迫っていました。カウンターに残っていた数名の客に大将が揚げたてのカキフライを黙って、2,3個サービスで盛ってくれたのです。
この頃の僕は、家庭の事情でなかなか自宅で晩ごはんを食べられない状況にありました。だから、この大将の無言の親切が身に沁みて忘れられなかったのです。

阪神淡路大震災でお店がなくなり、数年間消息がつかめませんでした。
風の便りに、近くで移転再開されていることを知った時は、驚愕と無上の喜びがこみあげてきました。
移転後のお店でいただいた「カキフライ定食」(2014/10/27公開)。
画像

それからは、よく訪ねるようになりました。相当長く通ってきましたが、大将と言葉を交わしたことは、ほんの数回です。
『千疋屋』さんでの思い出のメニューをいくつか紹介します。

「ボルシチ」(2015/04/22公開)。
画像

「トマトのポタージュと酢豚」(2015/12/19公開)。
画像

「豚の角煮」(2015/10/26公開)。
画像

「特製ロールキャベツ」(2014/06/10公開)。
画像

「オムライス」(2014/06/10公開)。
画像

大将の誕生日や創業記念日には、特別なサービス定食が提供されました。
『千疋屋』さんでは一番高額なメニューがサービス定食になった2012年の創業記念日メニュー、「アレキサンダーポタージュとポークチャップ」(2012/12/25公開)。
画像

春先には、大将手作りの「いかなごのくぎ煮」も楽しみでした。酒の肴はもちろん、弁当のおかずでも大活躍でした(2013/03/20公開)。
画像

『千疋屋』さんの名物のひとつが特製の「ビーフカレーライス」ですが、カツカレーとなってサービス定食になった日もありました(2015/08/25公開)。
画像

ここ数年の冬場、毎週月曜日は「粕汁」の日でした。大勢のお客がおかわりをしたり、テイクアウトしていました(2015/02/24公開)。
画像

そして、『千疋屋』さんの看板メニューが特製の「クリームコロッケ」でした(2014/10/17公開)。
画像


神戸で一番好きな定食屋さんでした。

「お食事処」となってからは、洋食のほか中国料理、季節の魚料理、冬場の一人鍋など創意工夫を凝らしたメニューで客を喜ばせてくれました。
味噌汁であれ、スープであれ、汁物は大きな陶器の器にそそぎ、ごはんは平皿に盛るスタイルを頑なに貫かれました。
夜の部、終盤ともなるとすぅーと奥に来て、マグカップに氷を入れ、木戸を開けて一升瓶を取り出し、透明の液体をカップに注いで、コンロの前に戻って行かれる姿をよく拝見しました。
一度、気になっていたその液体の中身をお尋ねしたことがありました。
「個人営業の特権です」みたいなことを笑顔でおっしゃっていたことを思い出します。

先月、大将の訃報に接しました。

数か月前からお店には立たれていませんでした。病気のこともなんとなくわかっていました。数週間前に、一度カウンターに腰かけた僕のうしろを通りながら「いらっしゃい」と小さな声をかけてくださったのが、大将の声を聞いた最後でした。

残念で仕方ありません。悔しくて仕方ありません。
大将(小山シェフ)のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

追伸 現在、『千疋屋』さんは女将さんが腕をふるい、元気に再開しておられます。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


海老と春野菜の自家製チリソース炒め(『明楓』)

2017/04/29 07:11
久しぶりの『明楓』ランチ。
日替わりの「海老と春野菜の自家製チリソース炒め」(900円)を。
画像

チリソースがごはんによく合って、絶妙のタイミングで「ごはんおかわりしますか?」とマダムに聞かれましたが、自重しました。
画像

この日のデザートは、タピオカ入りココナッツミルクココア風味でした。
画像

『明楓』さんもメニューボードがきれいになっていました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハンバーグ定食(『神戸一』)

2017/04/23 22:36
兵庫駅近辺に用事のある時は、寄りたくなる『神戸一』さん。
いつものサービス定食、この日は「ハンバーグ定食」(550円)を。
画像

相変わらず充実感あふれるランチメニューです。
画像

表の看板もリニューアルしたのですね。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


つつい商店

2017/04/17 20:57
或るうちわの宴会。
数年ぶりに上沢の『つつい商店』さんにうかがいました。

酒屋さん側の、明るい方のテーブル席を用意してくれていました。
お刺身と小鉢数皿が付くひとり1,500円のセットメニューをあらかじめお願いしていました。
ローストビーフが目をひきます。ポテサラや枝豆などの小鉢にチヂミまで付いていました。
画像

『つつい』さんのお刺身は一切れが大きくて、びっくりします。中トロやイカ、とってもおいしかったです。
相変わらず繁盛しているのも頷けます。
お酒もすすみました。最後は奈良の「梅の宿」でしめました。
画像


オマケ。

実家で有馬の炭酸せんべいをもらいました。子どもの頃から大好きなおやつでした。
小分けされていなかったら、とめどなく食べてしまいそうです(笑)。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Akari(2017年4月)

2017/04/16 18:36
大事なセレモニーをなんとかやり過ごして二日後、遅い時間にひとり、『Akari』さんへ。

本日の八寸。
画像

旬魚の温かい南蛮漬け。たことかホタテとか珍しい南蛮漬け、そらまめ付き。
画像

この日は、料理の合間に自家製ポテチが。
画像

このあと、久しぶりのビフカツサンドが運ばれてくるのですが、女将さんと夢中になってしゃべっていたので、画はありません。この日は、少し多めにワインをいただきました。
生活の節目節目でこれからもお世話になる『Akari』さんです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キーマカレー(『元町サトナカ』)

2017/04/08 19:02
年度当初、激務が続き、なかなか更新がままなりませんでした。
ただ、忙しいのは全然嫌ではありません。生きている実感がわきます。

神戸の桜もやっと満開ですね。
近所の公園でもきれいに咲いていました。
画像

さて、前から気になっていた『元町サトナカ』さんのカレーをいただく機会を得ました。
看板メニューの「チキンカレー」にするかどうか、ギリギリまで迷った末、「キーマカレー」(750円)にしました。
揚げたジャガイモとキャベツのピクルスが添えられます。
画像

味付き温泉玉子を割った画。キーマは、スパイシーです。
画像

次回チャンスがあれば、「チキンカレー」をいただいてみます。
画像

『サトナカ』さんのすぐ北、『兵庫県公館』の桜も見事に咲いていました。
画像


オマケ。

職場に突如現れた珍客から『とらや』さんのもなかと羊羹の詰め合わせを頂戴しました。
画像

丈夫そうな包装紙に包まれていたので、『騎士団長殺し』第2部のカバーとして採用しました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


べっぴんブレンド(『はた珈琲店』)

2017/03/26 21:48
珍しく珈琲のお話し。

自宅では、特に朝食時はミルクティーと決めていて、珈琲をいただくのは、もっぱら職場での息抜きの時です。スーパーで売っている紙フィルターのドリップ式です。
昔は、自分で豆を挽いていれていたこともありますが、そういうこともしなくなりました。

こちらにうかがったのは、十数年ぶりかも知れません。元町商店街にある『はた珈琲店』さんです。
昔は、南京町の中にも支店がありましたね。

一杯ずつ丁寧に豆を挽いていれてくれるお店です。久しぶりに伺ったらずいぶんメニューが増えていました。
「敦盛ブレンド」とか「清盛ブレンド」とか神戸らしいネーミングの珈琲もありました。

本日いただいたのは、「べっぴんブレンド」(480円)です。もうすぐ終演を迎えるドラマ『べっぴんさん』にちなんでいるのでしょう。

『はた珈琲店』さんの珈琲には、砂糖もクリームも足しません。そのままの味を楽しみたいからです。
コーヒーブレイクってよく言ったものだと思います。ホッと一息つくにはもってこいの嗜好品です。
『ドトール』や『スタバ』で気軽に飲むのもいいけど、純喫茶でまったりするのもかけがえのない時間だなぁとしみじみ感じました。
画像


オマケ。

よく利用している神戸駅構内プリコ神戸の『咲菜(さかな)』さん。
若い女性客が「これ、めっちゃおいしそう」を連発するのに、つい乗せられて買ってしまったお弁当。
「愛情ドライカレー丼」(475円)、「コールスローサラダ」(量り売り)と。
「愛情」と冠するところに思いを感じます(笑)。温泉玉子がいい脇役で、けっこうボリュームもありました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Akari(2017年3月)

2017/03/19 23:45
できるだけ月1で行こうと思っている『Akari』さん。
今回も直前の予約にもかかわらず、席を作ってくれました。

まず生ビールから、つきだしはいつもの自家製ポテチ(ほんのりカレー風味)。
画像

本日の八寸。
金目鯛の昆布締めのにぎり、カキの燻製、スパニッシュオムレツなど。少しずついろんなものを楽しみながらいただけるのがいいです。
画像

メニューのフルーツトマトに目が釘付けになって、直感を信じてオーダーした「海老とフルーツトマトのチリソース」。
絶妙なピリ辛さにしびれました。
画像

おいしいワインを入れてもらって、つまらない私ごとをたくさん聞いてもらって、ほっこりさせてもらった『Akari』さんです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


神戸首家炭焼『味香苑』羊肉串

2017/03/16 21:49
かつての職場でお世話になった大先輩に「羊肉串」で有名な『味香苑』(ミカエン)さんの会に呼んでいただきました。中国東北料理を出す『味香苑』さん、移転される前のお店には、大分以前にお邪魔したことがあります。

このお店の看板メニューは、なんといっても「羊肉串」です。
香辛料を付けて焼く串焼き料理です。さらに食べる前に香辛料をふりかけていただきます。
羊肉らしい香りも残っていて、やわらかく、とてもおいしいです。
昔、毎冬に訪問していた北京の街で食べた「羊肉串」を思い出しましたが、北京で食べたものはこんなにやわらかいお肉ではなかったなぁ。
画像

干豆腐の細切りの冷菜。見た目ほど辛くありません。
お隣の方が、お箸で持ち上げて撮影に協力してくださいました。
画像

羊肉の炒め物。これも食べやすい味付けでおいしかった。
画像

豚肉の味噌炒めをネギ、キュウリと合わせて豆腐の皮で包んで食べる、北京ダックのような食べ方をする料理。
画像

この他、揚げたジャガイモや茄子、ピーマンの炒め物(「地三鮮」)やニラと玉子がたっぷり入った大判の焼き餃子など珍しい料理を少しずつ味わいました。
ビールがすすみました。紹興酒も。久々に飲んだ高粱を原料にした五十六度の蒸留酒「二鍋頭(アーグゥオトウ)」も料理に合いました。
そして、最後は骨付き肉の煮込みです。食べる前にビニール手袋が配布されました。手づかみでかぶりつきました。
画像

中国料理は大勢で食べると、さらにおいしくて楽しくなると実感させてもらった『味香苑』さんでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


淀屋橋クネクネ

2017/03/12 22:17
ホワイトデー対策には、いつも悩まされるのですが、今年は割とあっさり決めていました。

ふたたび大阪「淀屋橋」だと。

せっかくなので、ランチも「淀屋橋」でいただきました。
行きたかったお店は、オフィス街にさりげなくたたずんでいるこの中国料理店です。
『福仙楼』さんです。
画像

ランチの大人気メニューは「カレー焼きそば」ですが、直前まで「カレーライス」にするつもりでした。
でも、なんか麺の気分になってしまいました。
そこで、やっぱり「カレー焼きそば」に。
お皿にたっぷりのカレースープが張られているのが特徴的であり、個性的です。しかも、家庭料理のように野菜がたくさん、そして、豚肉だけでなく小海老まで。これで510円は、お得過ぎます。
後からやって来たお客さんがカレーライスをオーダーしていました。とろみのついた中華のカレーでした。こちらもおいしそうでした。今度、淀屋橋に来る機会があったら、是非カレーライスを食べてみたい。
画像

満足して、ホワイトデー対策の買い出しに移動です。
まずは、こちら『ショコラティエゴカン』さんです。
画像

『福仙楼』さんから『ショコラティエゴカン』さんまでは、徒歩1分程度、さらにこちらも徒歩1分以内でたどり着けます。昆布の有名店『神宗(かんそう)』さんです。
画像

今年のホワイトデーの返礼は、この2軒の合わせ技です。
2種類の粉末昆布とだし醤油が詰め合わせになった「たまごかけごはん」セットと「カカオサンド」(2個セット)です。
画像

ガナッシュチョコレートをチョコレートサブレでサンドした「カカオサンド」は、自分用にも買って帰りました。「ハイミルク」、「オレンジ」、「ヘーゼルナッツ」など、いろんな種類があります。自分用は「カフェ」を。
1箱にこの一つしか入っていません。これでショートケーキ並のお値段がする高級な洋菓子です。
もちろん、おいしいです。
画像

今回のタイトル「淀屋橋クネクネ」は、渡辺真知子さんの「迷い道」の歌詞をもじりました。「現在、過去、未来……迷い道くねくね〜」って懐かしいなぁ(笑)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


太陽酒造試飲会(2017年3月)

2017/03/07 22:15
これもすっかり恒例行事になった太陽酒造試飲会。今年も無事に参加させてもらうことになりました。
誰よりも早く駅に到着してしまいましたが、今回は周辺散策はしませんでした。
駅のベンチでのんびり読書しながらメンバーの到着を待ちました。
画像

降雨ではなかったので、外のお庭での会になりました。(雨天時は蔵の中での会になります)
今回も参加者多数でした。
画像

いつもの2,000円コースです。鰤とよこわのお造り、わかめ付き。
今年の「たれくち」は、軽くてフルーティー。僕好みでした。「おり酒」はドライな感じでした。
画像

粕漬けやらタマネギの奈良漬けやら、なぜかポッキーの類似品まで(笑)。
画像

そして、あったかくて、滋味あふれる粕汁。粉山椒がいいアクセントでした。
今年も早い者勝ちのおかわりアリでした。
画像

更に、ふろふき大根。
画像

今年も「三宮・明石1市内dayチケット」(1,000円)をフル活用。2次会は全員でこちらへ。
自家製クラフトビールがいただける『明石麦酒工房 時』さんです。
オリジナルの「GENTEN」などをいただきました。
画像

僕は、ここでメンバーとは別れ、後輩を引き連れ水道筋商店街へ移動しました。
今年は、誰も瓶の破損・置き忘れはなかったようです、たぶん?(笑)。
道中の安全な引率をしてくれたN隊長に感謝の意を表します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Akari(2017年2月)

2017/03/02 21:03
遅ればせながら今年初めての『Akari』さん。
生ビールとつきだしの自家製ポテトチップスをいただいた後、「本日の前菜八寸」を。
蛸の煮物もあん肝も、鮪ほほ肉の煮込みもメイタガレイのにぎりもどれもこれもうれしずきて。
画像

次にお願いしたのは「天然鯛のグリルと白かぶらの温製エチュベ」です。
焼き魚もこう料理されると、一皿で二皿分得した気になります。
画像

「エチュベ」とは、素材自体のもつ水分、または少量のだし汁で調理するという意味のフランス語だそうです。
その少量のおだしもおいしくて、スプーンですくって全部いただきました。
上にもられた小松菜のおひたしも名バイプレーヤーでした。
画像

たまらず、「ひや」を追加。明石の地酒、茨木酒造さんの「来楽」を。
画像

開店直後、一番乗りのつもりで恐る恐る入店したのに、もうすでにご婦人方が楽しそうに開宴しておられました。はや!(笑)
この日もあたたかい心遣いに癒された大好きな『Akari』さんでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

神戸シノワズリ倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる