テーマ:旅行

博多模様2021春-4-

最後は、おきまりの旅の終わりの駅弁ほか。 博多駅の駅弁売り場で夜食の駅弁を物色したのですが、いろいろ見比べて結局やはり、いつものお弁当を手にとっていました。 佐賀『中央軒』さんの「長崎街道」(930円税抜)です。 自分の中では、東は『崎陽軒』さんの「シウマイ弁当」、西は『中央軒』さんの「長崎街道」にとどめをさす、まさに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多模様2021春-3-

お昼は当初、博多のうどんを考えていたのですが、飲みたかったので「もつ鍋」にしました。 ランチに「もつ鍋」を出している専門店に行きました。 「博多名物和牛もつ鍋定食」(1,350円)をお願いしました。 鍋の用意ができるまで、セットの小鉢、酢もつ、辛子明太子、つみれをつまみながら、生ビールをいただきました。 程なくし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多模様2021春-2-

特典航空券を使って交通費が大分節約できたので、宿は朝食と温泉大浴場のついた、ちょっといいホテルにしました。 楽しみにしていた朝食。 ホテル併設の和食店で「鯛茶漬け膳」をいただきました。 朝から豪華です。 食べ方がいまいちわかっていませんでしたが、前半は切り身をごまだれにつけてごはんに乗っけ、後半は切り身と薬味をごはんに乗せて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多模様2021春-1-

所用で博多に行ってきました。 久しぶりの飛行機の旅です。 久しぶりの伊丹。ずっと工事をしているのは知っていましたが、ずいぶん様変わりしていました。 福岡行きの最終便は、20時離陸だったので、夕食は搭乗口でササッと済ませることにしました。 売店に『淡路屋』さんの「六甲山縦走弁当」があったので、ワンカップの神戸ワインといっし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛すき膳(『淡路屋』@舞鶴紀行4 終)

往路の京都駅で目に留まったお弁当を夜食用に買って帰りました。 『淡路屋』さんの「牛すき弁当」です。 これもなかなか豪華で、おいしかった。 なぜ、目に留まったか? キャンペーン価格だったからです(笑)。 旅に出て、初めての街を散策すると、好奇心のままついつい歩きすぎてしまいます。 歩き疲れた時は、甘いものに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひみこ定食(『卑弥呼』@舞鶴紀行3)

お昼は、魚が食べたくて、『卑弥呼』さんに入りました。 「ひみこ定食」(1,120円税別)をオーダーしました。 ごはんは、大中小と選べたので、迷わず「小」でお願いしました。 デザートのわらび餅もよかった。 切りたてのお造りの切り身が厚くて、うれしかった。 午前中の散策で、お店の前を通りかかったのです。 ちょうど、魚が届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロールキャベジ(『松栄館』@舞鶴紀行2)

夜の食事会場は、あらかじめ押さえていました。 洋食レストラン『松栄館』さんです。 メニューは、ぎりぎりまで迷った末、やはりここでしか食せないものに決めました。 ロールキャベジ(ロールキャベツではありません。1,000円)です。 麦ごはん、ポタージュスープ、サラダのセット(500円)を付けました。 実は、セットにはサラダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の幕ノ内(『淡路屋』@舞鶴紀行1)

昨年までなら今回の4連休も、仕事で連日出勤しているところですが、今年はかなりゆとりがありました。 そうなると、旅の虫がざわついて、どうにも抑えられず、一気に旅程を決めてしまいました。 故あって「舞鶴」へ、サクッと行ってきました。 京都駅のホームで、遅めのランチ。 ホームの立ち食いそばを食べるつもりが、乗車時間が迫っており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

或るホテルの朝食

飲み仲間に某所で、「今年は遠出できそうにもないので、近場のホテルに滞在することにしたんです。」っていう趣旨の話を聞かされたのです。 なるほど、そういう遊び方もあるかと感心しました。 そこで、小生もそれなりに歴史があって、いい朝食を出してくれるホテルでのんびり過ごそうと企みました。 この状況ですので、これまでのビュッフェ形式の朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャル洲本デー 2

系列ホテルの温泉につかった後の宴会。広々とした会場でご馳走をいただきました。 先付と向付。 椀物。 淡路牛のしゃぶしゃぶ。 天婦羅。 ほうろく焼き。たまねぎがあるのも淡路らしさ。 ほかに茶碗蒸しも出ました。昼・夜茶碗蒸しを食べた経験も記憶にありません(笑)。 食事。 この後、また温泉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャル洲本デー 1

苦楽を共にした仲間たちとのささやかな洲本温泉ツアー。 ランチは、海鮮料理『きとら』さんにて。 多すぎるセットメニューから「海鮮ちらしと天ぷらうどんセット」(1,980円)をオーダー。 贅沢すぎるセット内容におなかパンパンです。 今回託された唯一のミッション?「続100名城スタンプラリー」のために「洲本城」へ登城。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快速エアポートⅢ(帰途、お土産編)

復路の快速エアポート、車中にて。 新千歳空港にて。『東亜珈琲館』の「珈琲ミックスソフト」(410円)。 お土産編。毎度おなじみの、になりますが。 『六花亭』さん。 職場へのバラマキ土産。 『利尻屋みのや』「不老館」さん。 いつもの乾きもの。「赤と黒のブルース」「アーモンドワルツ」。 そして、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快速エアポートⅠ(新千歳空港から札幌)

北海道で息抜きしてました。 お昼に新千歳空港に到着したので、ランチは空港内のフードコートで。 「カレーラーメン」(701円)をいただきました。 とてもマイルドなカレー風味でした。野菜がふんだんに使われています。ちぢれの太麵でした。 空港職員も利用していた『元祖ちとせラーメン』さんです。 快速エアポートのUシート(指定席…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京一泊 3 「オムライス」(池袋『キッチン チェック』)

東京からの帰途は「オムライス」を食べることにして、お店探しをし、池袋のこちらにしました。 『キッチン チェック』さんです。 開店前から数名の行列ができていました。 名物の「オムライス」(1,000円)に味噌汁(+100円)を付けました。 つけ合わせも充実していて、バランスのいいお皿です。 お客のほぼ半数は、「オムラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京一泊 2 「森のヤッホーサラダ」とグラスの白。

メインの夜会の会場は、『よなよなビアワークス』吉祥寺店で。 毎回たのんでいる「森のヤッホーサラダ」(フルサイズ1,800円) 「福島産メープルサーモンのグリル」(150g 1,800円) 皿の木目が紛らわしいですね。 ビールの画を撮り忘れました。 M君が予約しておいてくれて助かりました。店内満席状態でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京一泊 1 「海鮮かき揚げそば」(『つるや』)と「おでん」(『丸健水産』)

サクッとお江戸で息抜きしてきました。 着いた日のお昼、上野『つるや』さんで「海鮮かき揚げそば」と缶チューハイ。 食券制で立ち食いコーナーと椅子が併設のお店でした。 海鮮かき揚げ、よかったです。 隣のお店は姉妹店かな? せっかくの上野です。『鈴本演芸場』を覗いてみました。 昼席の主任が春風亭一之輔師匠、夜席の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多模様Ⅱ おでん、長崎街道、車中の珈琲

中〆のラーメンセットが効いて、夜は正直おなかが空いていませんでした。 でも、軽くつまみながら飲みたかったので、博多駅筑紫口周辺を探索しました。 おでんと餃子が食べられるお店を選びました。 大根、スジ肉、がんもをチョイス。大根の大きさにびっくり。 そして、博多らしい鉄板で運ばれた餃子。 この日の日本酒三種飲み比べをお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多模様Ⅰ 大宰府、ごまさば、博多ラーメン

初めての福岡は、まず太宰府天満宮へ。 博多駅からの直行バスは渋滞に巻き込まれるという情報を得ていたのに、往路はバスに乗ってしまいました。 しっかり、相当な時間、満席の車中で過ごしました。 ものすごい人でした。正面攻撃は断念し、指南通り側面から迫りました。 参拝したら、お目当ての御札だけ手に入れ、早々に退散しようと思いました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐世保だよりⅢ-2-「海軍さんのビーフシチュー」

佐世保で一番食べたかった「ビーフシチュー」を夕食にいただきました。 「ビーフシチュー」のセット(1,720円)。お刺身、茶わん蒸しまで付いています。 メインの「ビーフシチュー」は、丸ごとの玉ねぎなど野菜もたっぷりです。 翌日の朝食。 出立の朝、駅の出口から眺めた景色。停泊中のフェリー。 今回は、縁が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐世保だよりⅢ-1-「Aランチ」

新年最初の旅は、九州新幹線「みずほ」、特急「みどり」を乗りついでの佐世保・博多の旅です。 ちょっとしたトラブルで予定より到着が少し遅れました。 ちょうどお昼時を過ぎ、井之頭五郎だったら「俺の胃袋が暴動を起こしそうだ」状態でした。 急ぎ足でお店を探しました。 自家製えびクリームコロッケ、白身魚フライ、ハンバーグがセットにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島ヤットサー、4(終)

徳島は、空港にも「阿波おどり」が冠されています。 車の旅なのになぜ空港に来たのか。 目的はコレです。「徳島バーガー」です。 ご当地バーガーとしては、なんといっても「佐世保バーガー」が有名で、兵庫県にも「淡路島バーガー」がありますね。 徳島にも「徳島バーガー」が存在したのです。その有名店が空港内にあるということで、覗いてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島ヤットサー、3

初めて目にする『阿波おどり』。 『阿波おどり』は、「連」という集団(グループ)で、踊りを披露します。 「連」には、独立した有名連のほかに、『JR四国』や『四国電力』といった企業や自衛隊の「連」まで存在することも初めて知りました。 笑顔いっぱいで踊る人、真顔で踊る人、横笛や鐘の鳴り物を黙々と鳴らす人…、やはり、それぞれの演者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島ヤットサー、2

JR牟岐線※で徳島駅を目指す。 恥ずかしながらこの「牟岐」の読み方が当初わからず。 東京では当たり前のように使えた「ICOCA」も通用せず。 うん10年ぶりに切符に丸い改札印を押してもらいました。郷愁あふれました。 そして、これも久しぶりにディーゼル車の「汽車」に乗って、JR徳島駅へ。 この行程だけでも、この旅程は正解だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島ヤットサー、1

「縁」あって、初徳島です。 どうせ、訪問するなら徳島最大の行事「阿波おどり」期間に合わせて行くことにしました。 ところが、「阿波おどり」の会場となる演舞場が点在しているJR徳島駅周辺のホテルは、たいてい満室で予約が取れませんでした。 ただし、訪問する2,3日前になって条件付き(駐車場確約なしとか、喫煙部屋のみ空き)でいくつかの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京のこのこ、3(終)

帰神する際に買った駅弁。 実家のお土産用に買った「深川めし」(1,000円税込み)。なかなか豪華です。 そして、自分用は、はずせないいつもの『崎陽軒』の「シウマイ弁当」。 M君から頂戴したお土産。これも『崎陽軒』。 小生が持参した『銀座あけぼの』さんの「もちどら」(吉祥寺バージョン)。 職場用に買っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京のこのこ、2

翌日、懐かしの赤羽へ。 赤羽で真っ先に足を運びたくなるのが『丸健水産』。 夏だけど、おでん立ち飲みへ。 後の宴のこともあるので、少な目に抑えたかったのだが、つい4品たのんでしまう。 生姜天、ひろうす、じゃがいも、大根。今回は、ちくわぶ、はんぺんははずす。 がんもどきをわざと、関西風にひろうすと言ってみた。若い店員には、予想通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京のこのこ、1

残暑お見舞い申し上げます。 酷暑が続いていますね。 来年の今頃は、ちょっと東京には行けそうにないなぁと思いながら、出てきました。 いつもの吉祥寺飲み会です。 1次会は、骨付き鶏の「もも焼」をウリにしている『もも吉』さんへ。 その名物を特大(370g,980円,税抜き)で。(料理が提供された順番は前後しています) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「炙り鯖寿司定食」(『萬松』)などなど

「車」の新設した装備の点検も兼ねて、また丹波篠山訪問です。 「篠山」まで来たからには、やはりこれを食べないわけにはいきません。 前回、初訪問の際は「ノーマル」バージョンをいただいたので、今回は「炙り」です。 「炙り鯖寿司定食」(ハーフ1,500円)です。 僕は普段、特に好んでバッテラを食べる人間ではないので、こちらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴橋コリアタウンなどなど

毎度、更新が滞っておりますが、元気にしています。 ただ、オーバーワーク気味です。 仕事も兼ねて、韓国屋台料理の取材のため、初めて「鶴橋コリアタウン」に訪問しました。 トッポギ。部位は不明ですが、ホルモン入りでした。 ホットク。カレーチーズと柚子はちみつ。 野菜チヂミ。 神戸ポートピアホテル「デリカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019黄金周の風景(2)

一日は遠出をしました。久しぶりに所用で京都に出向きました。 せっかく京都に行くのだからランチ会場にもこだわって、朝から並んで整理券をもらって予約するという大人気のこちらへ。 今や各種メディアでも取り上げられている西院の『佰食屋』さんです。 ステーキ丼がウリのお店ですが、僕がいただきたかったのは、限定20食という「ハンバーグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more