テーマ:お酒

スパークリングな週末Ⅴ

スペイン 「マルケス・デ・テラボーナ・ブリュット」 これも、とてもすっきりした辛口。 久しぶりに水道筋商店街『藤本食品』さんのひろうすをたきました。 少しだし汁の味が濃くなってしまいましたが、具だくさんのひろうす、おいしいです。 豚まんで有名な元町の『四興楼』さんに、こんな札がかかっていました。 香港の飲茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパークリングな週末Ⅳ

南アのスパークリングワインに興味を持つきっかけを作ってくれたボトル。 某所のマスターにも試飲していただき、高評価を得ました。 「リーベック・スパークリング・ブリュット」 合わせた料理は、『Akari』さんのテイクアウトから「神戸牛と旬菜のローストビーフサラダ」、「神戸ポークと九条葱の炒飯」(『神戸シノワズリ倶楽部』だけに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパークリングな週末Ⅲ

スペイン「ゴタ デ マラヴィージャ カヴァ ブリュット」 スパークリングワインは、どれも同じ味ではないのですが、その違いを表現することは難し過ぎます。 しかし、これもおいしいのは、おいしい(笑)。 湊川商店街『大貴』さんの天ぷらとか。 おそらく、こういう状況にでもならなければ一生読まなかったかも知れない本です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパークリングな週末Ⅱ

スペインの「アウラ ブリュット」という銘柄です。 すっきりした辛口でした。 トーストは、たまたま通りすがりに並ばずに買えてしまった『春夏秋冬』さんの食パンです。 焼いた塩鯖を挟んでいます。「トルコサンド」もどきです。肉じゃがでスパークリングが飲めたりするのも家飲みならではかな。 小生も週の半分は「在宅勤務」にシフトし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパークリングな週末

嘘みたいな世情。昨年のGWは、連日出勤して働いていたのに。 最近、南アフリカのスパークリングワインに興味がわいています。 これは、「アラベラ」という銘柄。 久しぶりにマカロニグラタンを作ってみました。 某所の人気メニュー「たらこスパゲティ」をイメージして『梅香(メイシャン)』厨房で作ってみました。 我ながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TAKEOUT 2

混沌とした毎日が続いています。 『フロマジュリーミュウ』さんは、日月以外は開けてくれているので、普通にチーズが買えるのは、ありがたいです。 特製の冷凍ピザは、プレーンとブルーの2種類があります。 ブルーを焼きました。これも絶対お酒飲みたくなるやつです。個人的に。 (別にお酒以外でも何にでも合いますよ、もちろん) 一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TAKEOUT

なかなか外での飲食がしづらくなってきましたね。 上手にテイクアウトも利用して、おいしいものを食べ(ついでにおいしいお酒も飲みつつ)、元気を失わないようにしなければ。 いつも実家に出向くときに、差し入れを買う『プリコ神戸』の惣菜とお弁当の『咲菜』(さかな)さんに、こんなメニューがありました。 定番のだしまきやからあげ、ミンチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

或るお別れ会、『Akari』(2020年3月)

苦楽をともにした得難い仲間たちとのお別れ会。 久しぶりに自ら幹事を担いました。 会場は、『Akari』さん。 前菜のトマト風味のムース。横から撮った方が、きれいに映ったかも知れません。 このお料理からメンバーには、大好評でした。 いつもの岩塩付きお造りの説明をメンバーにしていたら、撮影するのをすっかり忘れてしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茄子と春雨の自家製四川風ピリ辛炒め(『明楓』)

この日は『明楓』さんでヘルシーな日替わりを。 「茄子と春雨の自家製四川風ピリ辛炒め」(950円)を。 ピリ辛味がごはんに合わないわけがありません。 デザートの杏仁豆腐ココア風味。 これからもずっとずっと大事にしたい『明楓』さんです。 P.S こちらもこよなく愛している某店。 先日、こんなお酒をい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多やきとり『かわ庵』元町北店

かわいい仲間たちとの久しぶりの再会編です。 会場は、人気焼き鳥店、博多やきとり『かわ庵』元町北店です。 名物の「かわ」の黒と白。 「つくね」とか「きも」とか「ねぎ身」。 おもちのように見えますが、烏賊です。 冷やしトマトともろきゅう。食べたかったけど、知らぬ間になくなってしまった(笑)。 これも隠れ人気メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年『太陽酒造』新酒試飲会 後編

今回もお世話してくれた名幹事N隊長の引率で、明石へ移動。 こんなお店に連れて行ってくれました。 明石立ち飲みの名店『たなか屋』さんの姉妹店『まある笑店』さんです。 IPA(インディアペールエール)で乾杯した後、ボトルワインを次々に開けていきました。 運ばれてくる料理も手の込んだおいしいものばかりでした。 途中から赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年『太陽酒造』新酒試飲会 前編 

この壁画を見て何駅かがわかる人は、相当の「山電通」です。あるいは地元民か。 そうです。山陽「江井ヶ島」駅です。 今年も某所の愉快な仲間たちに加えていただいて、『太陽酒造』新酒試飲会に出席です。 今年は、屋内でした。 我らの陣地。 お世話になっているマスターが時節柄、消毒用のアルコールジェルも用意してくださいました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャル洲本デー 2

系列ホテルの温泉につかった後の宴会。広々とした会場でご馳走をいただきました。 先付と向付。 椀物。 淡路牛のしゃぶしゃぶ。 天婦羅。 ほうろく焼き。たまねぎがあるのも淡路らしさ。 ほかに茶碗蒸しも出ました。昼・夜茶碗蒸しを食べた経験も記憶にありません(笑)。 食事。 この後、また温泉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Akari』(2020年2月)

或る大きな節目の日の、夜の『Akari』。 特別な日の夜なので、珍しくスパークリングワインから。 「旬魚と旬菜のカルパッチョ」 「神戸ポークのとん平焼き」、『Akari』さんらしい遊び心ある一品。 「北海道産鱈の白子と岩津葱のグラタン」、グラタンは、幼少期あこがれの料理でした。 久しぶりに花束をいただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オムライス串5本セット(心斎橋『明治軒』)

珍しく梅田に用があり、遅めのお昼を久しぶりに『明治軒』さんで。 いつもの串5本セットを。満足感十分なセットです。 店頭のメニューボード。 関西で一番元気の出る「オムライス」のお店です。(あくまで個人的見解) 或る日の某所。 宮城 純米吟醸「あたごのまつ」“はるこい”。 色がいいです。明るい春が待ち望まれます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京一泊 2 「森のヤッホーサラダ」とグラスの白。

メインの夜会の会場は、『よなよなビアワークス』吉祥寺店で。 毎回たのんでいる「森のヤッホーサラダ」(フルサイズ1,800円) 「福島産メープルサーモンのグリル」(150g 1,800円) 皿の木目が紛らわしいですね。 ビールの画を撮り忘れました。 M君が予約しておいてくれて助かりました。店内満席状態でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京一泊 1 「海鮮かき揚げそば」(『つるや』)と「おでん」(『丸健水産』)

サクッとお江戸で息抜きしてきました。 着いた日のお昼、上野『つるや』さんで「海鮮かき揚げそば」と缶チューハイ。 食券制で立ち食いコーナーと椅子が併設のお店でした。 海鮮かき揚げ、よかったです。 隣のお店は姉妹店かな? せっかくの上野です。『鈴本演芸場』を覗いてみました。 昼席の主任が春風亭一之輔師匠、夜席の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多模様Ⅱ-2- おでん、長崎街道、車中の珈琲

中〆のラーメンセットが効いて、夜は正直おなかが空いていませんでした。 でも、軽くつまみながら飲みたかったので、博多駅筑紫口周辺を探索しました。 おでんと餃子が食べられるお店を選びました。 大根、スジ肉、がんもをチョイス。大根の大きさにびっくり。 そして、博多らしい鉄板で運ばれた餃子。 この日の日本酒三種飲み比べをお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年 令和2年 2020年

あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします。 昨年、神戸の本局で年賀状を仕入れたら、こんな物をおまけでくれました。 食器洗いのスポンジです。これは役に立ちます。 あと、ポチ袋も頂戴したのですが、今年も「お年玉」を差し上げるような子どもは、近くにはおりません。 本年も大晦日は休肝日にして、カウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Akari』(2019年12月)ほか

『Akari』さんの2019年営業最終日にお邪魔しました。 蛸と鮪と旬菜のカルパッチョ。生ビールと一緒に一気に平らげました。 女将さんが「牡蠣フライできます」と水を向けてくれたので、素直にお願いしました。 メニューにはない『Akari』さんの「牡蠣フライ」です。イタリアの白ワインでおいしくいただきました。 そして、更…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Akari』(2019年11月)2連発

仕事が大変な時ほど、おいしい食事とおいしいお酒で元気を取り戻さなければ。 11月の『Akari』PARTⅠ お造り盛り合わせ。 佐用町の柿を使った自家製キムチ。 定番のローストビーフサンド。 11月の『Akari』PARTⅡ 旬魚と旬菜のカルパッチョ。本マグロと蛸と鯛。 やっぱりこのメニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かきフライと国産ロースとんかつ膳(『KYK』デュオ神戸店)

今シーズン初「かきフライ」を『KYK』デュオ神戸店さんでいただきました。 「かきフライと国産ロースとんかつ膳」 せっかくの『KYK』なので、贅沢にもロースとんかつとのコラボにしました。 広島産の牡蠣、うれしくなる大ぶりです。大満足です。 かきフライは、タルタルソース意外に「藻塩(だと思います、たぶん?)」も付いていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーモンハラスの切り落としほか(御影『ライオン堂』)

またまた、更新が滞っておりました。ゴメンナサイ。 久しぶりに『ライオン堂』へ。 ワンコインタイムに間に合いました。 いつもの「ハーフ&ハーフ」で。 ワンコインの一品は、生の大海老。串カツもししゃもではなく、珍しくジャガイモでした。ラッキーです。 「オムソバ」とすだちチューハイ。 「オムソバ」は、どこに行ってもまず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島ヤットサー、4(終)

徳島は、空港にも「阿波おどり」が冠されています。 車の旅なのになぜ空港に来たのか。 目的はコレです。「徳島バーガー」です。 ご当地バーガーとしては、なんといっても「佐世保バーガー」が有名で、兵庫県にも「淡路島バーガー」がありますね。 徳島にも「徳島バーガー」が存在したのです。その有名店が空港内にあるということで、覗いてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京のこのこ、2

翌日、懐かしの赤羽へ。 赤羽で真っ先に足を運びたくなるのが『丸健水産』。 夏だけど、おでん立ち飲みへ。 後の宴のこともあるので、少な目に抑えたかったのだが、つい4品たのんでしまう。 生姜天、ひろうす、じゃがいも、大根。今回は、ちくわぶ、はんぺんははずす。 がんもどきをわざと、関西風にひろうすと言ってみた。若い店員には、予想通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京のこのこ、1

残暑お見舞い申し上げます。 酷暑が続いていますね。 来年の今頃は、ちょっと東京には行けそうにないなぁと思いながら、出てきました。 いつもの吉祥寺飲み会です。 1次会は、骨付き鶏の「もも焼」をウリにしている『もも吉』さんへ。 その名物を特大(370g,980円,税抜き)で。(料理が提供された順番は前後しています) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニラチヂミ・山芋焼きなど(御影『ライオン堂』)

早めに退勤できる日は、足が向いてしまう阪神御影の『ライオン堂』さん。 いつも始まりは、ワンコインセットをハーフ&ハーフで。この日の一品は、鰹のたたきが二きれだった。 注文後にこんがり焼いて仕上げてくれるカリカリのニラチヂミ。これも、好きなメニュー。 また、違う日のカウンター。 これも気に入っている「山芋焼き(お好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オムライス(東三国『大養軒』)など

午後から新大阪へ出張に行くことになり、お昼ごはんの場所をその周辺で調査。 仕事前なので軽く?町中華の「オムライス」にしました。 「オムライス」(570円)。大衆中華料理では、なぜか「オムライス」を置いているところが多いですね。 特にこちらは人気メニューのようです。具だくさんの中華スープが付きます。 卵の生地はとても薄いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕出し弁当(『Akari』)と『トゥーストゥース』のビアガーデンなどなど

親族が集まる或る集会の「仕出し弁当」を大好きな『Akari』さんにお願いしました。 黒豆のおにぎり/海老の天むす/神戸ポークと美山玉子のとんぺい焼き/特選牛たんのブレゼ/子持ち鮎の昆布巻き/神戸ポークと淡路玉葱・パプリカの酢豚/明石たこと胡瓜の自家製塩辣油/播州地鶏のチキン南蛮仕立て/北海道ピュアホワイトの冷製ポタージュ/燻製じゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more