テーマ:雑感

謹賀新年 2017年

みなさま、あけましておめでとうございます。 本年がみなさまにとって、健やかで、生きがいを感じられる一年でありますようお祈り申し上げます。 (自分にも言い聞かせています) 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 最近は年末年始は海外でのんびりと、なんていうことが許されない状況になりました。 元旦からきちんと実家に顔を出し、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生ビールフェア(『四興楼』)など

神戸元町の『四興楼』(しこうろう)さんは、豚まんの有名店です。 神戸の豚まん好きは、『一貫楼』派と『四興楼』派に分かれるかも知れませんね。 (王子公園の『ぶたまんや』さんや南京町の『老祥記』さんももちろん有名店ですが) その『四興楼』さんが今、「生ピールフェア」を実施しています。 キリンの生中と料理一品で、550円。これは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマトのポタージュスープとトンカツ(お食事処『千疋屋』)

敬愛する『千疋屋』さんの大将の、誕生日スペシャルメニューの日。 行かないわけにはいきません。 「トマトのポタージュスープとトンカツ」(650円)です。 自家製大根の千枚漬けもついています。 手作りのトマトポタージュは、おいそれとはいただけない料理だと思います。 常連客と女将さんのやり取りを聞いていると、豚汁にしようか迷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶏肉のからあげ香味ソースと「わたせせいぞうの世界展」

『神戸ゆかりの美術館』で開催されている「わたせせいぞうの世界展」に行ってきました。 わたせせいぞうさん関連のグッズを販売している『APPLE FARM』(アップルファーム)さんとの永年の関わりから、ありがたいことに小生のもとには「招待券」が届いておりました。 ずいぶん久しぶりに六甲ライナーに乗って、会場である『神戸ゆかりの美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粕汁と海老と野菜の天ぷら(お食事処『千疋屋』)

とうとう『千疋屋』さんの秋冬月曜日の定番、「粕汁」が始まりました。 海老と野菜の天ぷらと。いつもの小ライスで。 海老と野菜と言いながら、ひそかに鱧の天ぷらも隠れていました。すごすぎます。 具だくさんの粕汁、今シーズンも楽しみです。 オマケ。 某駅のホームで電車を待っていると、こんな阪急電車が。 代表作『ハートカク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟹肉と玉子のふんわり炒め自家製チリソースあんかけ(『明楓』)

これが最後の画像になります。 『神戸シノワズリ倶楽部』もとうとう最終回なのか!? いえいえ、違います。 『神戸シノワズリ倶楽部』は、長寿ブログとなるべく、まだまだ続きます。おそらく。 では、何が最後の画像なのか?これまで、ブログ用画像を撮り続けてきたデジカメでの最後の画像になるということです。 実は、前回の「北へ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アペとくぎ煮、桃色にごりとファンモンと

オムニバス4話。 『フロマジュリーミュウ』、3月のアペから。今月は、瓶入りの「クレマ・デ・オデハ」といつものベルギービール「デュバル」からスタート。 過日『太陽酒造』試飲会の二次会、明石魚の棚(うおんたな)の『田中』さんでオーダーした国産チーズの盛り合わせについて、失念した兵庫県産のブルーチーズのことをオーナーに尋ねると即、「三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月のアペ

毎月第1木曜日の恒例行事に今回もなんとか間に合いました。 『フロマジュリーミュウ』さんの「アペリティフの日」です。 今月のラインナップから。どれもそそられます。 泡(スパークリングワイン)とカマンベール・ド・ノルマンディ。 白ワインとリコッタ。リコッタには、複数の果実の実で作られたジャムが添えられています。リコッタは、淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんの変哲もないカレー(私房菜『梅香』Vol,213)

私房菜『梅香(メイシャン)』は、架空のレストランです。 NHKの『サラメシ』という番組をよく見ます。働く人の「お昼ごはん」(ランチ)を紹介する番組です。手作りのお弁当の良さ、大切さを再認識した番組です。 先日の番組では、国産の線香花火にこだわる職人さんが、お昼を食べている場面がありました。奥さん手作りのカレーでした。 外で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある記念日に、(某所にて)

「ある記念日」関連のイベント第2章です。 市内某所、小生が長年通い続けている、こよなく愛する場所にて。 Ⅰ「ハイボール」 門外不出のブレンドウイスキーのソーダ割り。僕はいつもレモンピールの香りを添えてもらいます。最高に癒される一杯です。神戸で、いやこの国で一番おいしい「ハイボール」です。 Ⅱ「シンガポールスリング」 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココシカのベーグル

週末ぐらいは、できるだけゆっくり朝食をとるようにしています。 デニッシュ食パンとベーグルのお店『ココシカ』さんのチーズベーグル(130円)のモーニングです。既存のベーグルとは、かなり趣の違うモチモチの食感です。 オーブントースターで少しあぶってみました。いっそうおいしかったです。 『ココシカ』さんは、栄町通の細い路地にある建物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開設7周年と鮭の簡単ちらしなど(私房菜「梅香」Vol,202)

先日、プロバイダーの「BIGLOBE」さんから「祝ブログ開設7周年!」なるメールが届きました。 「この7年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・ 160901 件 になります。 過去のブログを振り返ると、昔の自分が考えたり感じていたことから新たな気づきが生まれたりするものです。」 なんていうありがたい?コメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みまさま、どうぞよいお年をお迎えください。

十数年ぶりに神戸で過ごす年末年始、久しぶりに実家で年越しそばをよばれました。 自宅にもどり、十数年ぶりに日本で見る「紅白」。今年の紅白は、震災復興に向けて、激励の歌が続いています。 僕個人としては「東北関東大震災」がきっかけとなって、途絶えていた中国の、かけがえのない友人との「絆」がつながれる結果となりました。 10年ぶりに再…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「フロマジュリーミュウ」2周年記念イベント

毎月第1木曜日のアペリティフの日を楽しみに通っているナチュラルチーズ専門店「フロマジュリーミュウ」さんが2周年を迎えられました。昨年の1周年記念イベントに続き、今回も参加させていただきました。 今年は、趣向を変えられてシャンパーニュにチーズ2種というセットメニュー(1,000円)でのイベントになりました。  昨年はまさに、立食パーテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レタス焼飯と大根の味噌汁とワンダバ…(私房菜「梅香」Vol,157)

レタスは「生」で食べるのがもっぱらなのですが、余ってしまって、細かく切って、ガバッと焼飯にまぜました。 レタスは、炒めてもなかなかやりますね。 NHKの「セカイでニホンGO」という番組を見るともなく見ていたら、リポーターが何かをリポートする時のBGMが、なぜか、「帰ってきたウルトラマン」の「MATのテーマ」だったのです。番組中、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2本のボールペンと文庫本

職場の歓送迎会の会場「神戸飯店」で帰りにボールペンをいただいた。「神戸飯店」は、かつて「神戸デパート」の上階にあった頃から知っている思い出の北京料理店です。子どもの頃、宴会に連れて行かれて、最後に洗面器をひっくり返したような巨大プリンが登場してワクワクしたことなんかを覚えています。地下の食料品売り場の「かっぱ天国」という味噌ダレで食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手紙 ~中国との絆~

昨年の夏、中国蘇州を旅しました。蘇州は、僕の旅の原点です。 この旅は、僕がこの国とかかわるようになるきっかけを作ってくれた友人を捜す旅でもありました。 結局、この旅でその友人との再会を果たすことは、かないませんでした。 昨日、彼女からの手紙が実家に届きました。中国でも連日、日本の大震災の模様が報道されており、ずっと心配してくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いかなごのくぎ煮実山椒風味(私房菜「梅香」Vol,132)

-はじめに- このたびの東北関東大震災に際し、犠牲になられた皆様に、衷心より哀悼の意を表します。 また、被災され、今なお眼前の困難な現実に立ち向かっておられる多くの方々に対し、心からお見舞い申し上げます。 16年前に神戸市長田区で被災した者としては、深く考え込まざるを得ない事態です。 「ブログ」を書く意味もあらためて考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコンチキンとホットウイスキー

また悪い癖が出てしまって…。 軽く飲んだあと、帰りにマクドナルドの前を通りかかると、アイコンチキン期間限定フィナーレ価格単品200円の悩ましい文字が!思わず阪急三宮西口店で買ってしまいました。お店によって提供するメニューも決まっていて、西口店は「チーズフォンデュー」でした。寒さが身にしみたので、ホットウイスキーにしました。桂皮(にっけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新徳園」の天津飯

少し前に某局の料理番組で「天津飯」を作っていました。(普段は見ない番組なのですが、たまたま画面に映っていたのです)久しぶりに食べたくなりました。中華料理店で、炒飯か天津飯か?と問われると、まず間違いなく炒飯なのですが。 オムライスのように巻いてある卵にスプーンを割り入れると、情熱的なケチャップライスがお目見えするダイナミックさに比して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには当たることもあるⅡ

夏の旅の前に「ココイチ」さんで「酒粕カレー」を食べました。その折、お店の方からアンケートはがきに感想を書いて欲しいと依頼されたのです。学生時代からこのお店を利用していますが、お店の方から直接頼まれたのは、初めてでした。きっと御影店と西元町店にしかない限定メニュー「酒粕カレー」の顧客評価を集めたかったのでしょう。意気に感じて、正直な意見を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュクレのスフレチーズケーキと雀巣珈琲

年度末が近づき、1年間の疲れがボディーブローのようにじわじわと効いてきています。今年度もなかなかタフな1年でした。 ボストンバックの重い荷物を担ぎながら家路に着こうとして、いつも前を素通りするだけのJR三ノ宮、高架下のお店で「スフレチーズケーキ」(500円)を買いました。 旅に出た時、いつもチェックアウトする前に備え付けのテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さばの味噌煮(私房菜「梅香」Vol,79)

田村隆先生のレシピで久しぶりにさばの味噌煮を作ってみました。煮て、冷ます、また煮る、そして冷ます。「冷ましている間に味が入る」という田村流のやり方で煮てみました。ほのぼの甘くて、おいしかったです。 上映時間3時間超、途中10分間の休憩時間の入る長編大作「沈まぬ太陽」を先日見てきました。恩地元(おんち・はじめ=渡辺謙)の生き方も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BGMの流れる駅

元町商店街を久しぶりに神戸駅方向に歩いてみました。相変わらず店舗の新旧交代は盛んで、「貸店舗」の貼り紙もチラホラ見受けられます。あの茶店は、あの写真館は、どうなってしまったんだろうと思いを巡らせながら歩いていると気が塞ぎました。いつもは利用しない駅の構内に入ると、明るい壁画があったので、思わずシャッターを切りました。改札を抜け、ホー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四角いホットケーキとプレイバックPart1

土日はあまり乗ることのない車を実家の用で走らせていると、FMから山口百恵特集が流れてきました。子どもの頃、大ファンで小遣いをためては、レコードを買い集めていたぐらいですから、聞かないわけにはいきません。百恵ちゃんが「紅白」でトリをとった時に歌った大ヒット曲「プレイバックPart2」は、歌いだしの「緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チンゲンサイと豚肉の蒸し煮丼(私房菜「梅香」Vol,68)

久しぶりに丸一日の完全休業日です。引越しをしてから市バスを頻繁に利用するようになりました。今日も市バスを使って、街に出ました。ICOKAが、JRだけでなく、阪神、阪急、そして市バスにも使えるので便利です。その代わりあっという間に残金がなくなりますが。最近は、自転車をこぐ機会がめっきり減ってしまいました。坂道が多いところに住んでいるの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二十雑穀米

北海道への出張がボディーブローのようにゆっくり身体を消耗させていったのか、久方ぶりに風邪でダウンしました。さいわい、インフルエンザではありませんでした。どんな時でも食欲だけはある僕が、まる1日半、水分以外は口にできない異常事態でした。迫りくる仕事の期限、焦りました。同僚先輩のあたたかいサポートにも助けられ、なんとか、ヤマ場をのり越え…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「北海道開拓おかき」と「にらみビール」

18日(日)、難波「トリイホール」での「柳亭市馬・柳家喬太郎二人会」(二人のビッグショーin大阪Vol,7)の夜以来、断酒をしておりました。先週は、悲喜交々で飲みすぎたからです。週のうち必ず2日は、休肝日を作るように心がけているのですが、連続5日は、苦行でした。自分の意志の強さを褒めてやりたいと思います(笑)。 小樽に出張した同僚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンコンネタ@2009(十五)「香港麺之路(下)」

「香港麺之路(麺ロード)」の締めくくりは、今回の街歩きの、大変参考にさせていただいた「香港女子的裏グルメ」で、著者の池上さんが絶賛されているお店をご紹介します。 上の画像は、銅饠湾(コーズウェイベイ)にある「彩雲南」さんの「春城豆花鹵米線」(38HK$≒456円)です。ざる豆腐のように柔らかいお豆腐とそぼろの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旅立ち前夜の豚汁(私房菜「梅香」Vol,39)

僕は、昨日が仕事納めでした。なんとか、ここまでたどり着いたという感じです。 学生時代に「中国」という国に圧倒されてから、ずっと旅を続けてきました。社会人になってからも夏の休暇は、必ずどこかを旅していました。最近は、新しい場所を開拓する元気がなく、ずっと同じ場所で定住する旅になっています。今年の夏、初めて、ずっと続けてきた海外への旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more