博多模様2021春-4-

最後は、おきまりの旅の終わりの駅弁ほか。

博多駅の駅弁売り場で夜食の駅弁を物色したのですが、いろいろ見比べて結局やはり、いつものお弁当を手にとっていました。

佐賀『中央軒』さんの「長崎街道」(930円税抜)です。

自分の中では、東は『崎陽軒』さんの「シウマイ弁当」、西は『中央軒』さんの「長崎街道」にとどめをさす、まさに駅弁の東西の両横綱です。
2104hakata-d1.jpg
おかずの種類が多く、中央のごはんも「かしわめし」という炊き込みご飯になっています。
個人的には、小さな容器に盛ってある「粕漬け」のほろ苦さが、インパクトがあって、大人のお弁当だなと感じます。
もちろん、お酒にも合います。
2104hakata-d2.jpg

バラマキ土産は、「ひよこ」のさくら風味、「鶴の子」のあまおう苺みるく味など、定番の季節限定商品を中心に選びました。
2104hakata-d3.jpg

自分用には、『茅乃舎』さんのだしパックの博多限定商品を。
相変わらず“限定”商品に弱いです。
2104hakata-d4.jpg
博多もお気に入りの場所のひとつになりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント