神戸シノワズリ倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS 洋食『ますだ』の「ランチ」と「泡の会2018」

<<   作成日時 : 2018/04/30 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夜に行くことが多い花隈の洋食の名店『ますだ』さん。珍しくお昼にうかがいました。
「ランチ」(900円)を。
ミニハンバーグ・エビフライ・白身魚のフライのセットです。
画像

贅沢なランチセットです。
画像

ランチもフルーツのデザートが付きます。
早くもスイカが登場。
画像

すぐ近くにコインパーキングもあり、使い勝手のいい『ますだ』さんです。
画像


諸事情により、延期されていた某企業の新年会(通称「泡の会」)に、今年もお誘いいただきました。誠にありがたくはあったのですが、この会社とは無縁の、つまり部外者である小生が、毎年参加し続けていいものか、最近躊躇っていました。
ただ、この会を支え続けて来られた会場のマスターからのご助言もあり、参加に踏み切りました。
黙々と「シャンパン」(「スパークリングワイン」)を飲み続けるという、この上もない至福のひとときが今年も始まりました。
画像

メンバーが思い思いのアテを用意して出席するのですが、今年も一年ぶりの懐かしいアテのオンパレードでした。
その一部。『老祥紀』(商店街の方)の豚まん。
画像

『水野家』の「コロッケ」と今年初登場の厚焼き玉子のサンドイッチ。
画像

このほか、『デリカテッセン』の肴の燻製、『西利』の「キャベツの漬物」などが、次々に登場。マスターの絶妙の采配でサーブされました。

小生も、いつもの『フロマジュリーミュウ』さんのチーズ2種でご機嫌をうかがいました。

メンバーがどれほど考え抜いて、趣向を凝らしたアテを用意しても勝てない、「泡の会」アテの王者が久しぶりに復活しました。

高級いちごです。甘味と酸味の調和が見事にとれている高級いちごでした。
画像


今年飲み干したラインナップの一部です。
画像

今回は、小生からも「隠し玉」を用意していました。
ただし、伝統ある「泡の会」の流れを邪魔するようであれば、「出すのは控えてください」、とマスターと事前に打ち合わせしていました。
だから、直前までブルペンで控えていたのですが、急きょ登板させることになったのが、右端の「獺祭スパークリング」です。喜んでいただけたなら、うれしいのですが…。
画像

とにかく、今年も平和に終宴してよかったです。
主催者のガンさん、いつも会場を提供してくださるマスターにお礼申し上げます。
「ありがとうございました。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洋食『ますだ』の「ランチ」と「泡の会2018」 神戸シノワズリ倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる