神戸シノワズリ倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS スーツケースで香港(4)

<<   作成日時 : 2017/12/31 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の訪問で食べるチャンスがなかった「保仔飯」(ボージャイファン※)にたまたま行き当たりました。九龍側「廟街」の『興記』さんです。
画像

通りの両側にいくつもの支店がある人気専門店です。
できあがりを待っている間に「青島(チンタオ)ビール」。
画像

麺家さんではなかなかいただけない空芯菜を。
濃厚な豚骨スープで炒め煮にしてありました。にんにくもたっぷり入っていました。
画像

待つことしばし、ボージャイファンの登場です。
いろんな具材があって迷いましたが、手ごろな「鶏肉と腸詰」に。
46HK$(≒736円)ぐらいでした。(具材をうなぎなんかにすると大分高くなります。)
ボージャイファン自体に味付けはされていないので、卓上の醤油ダレをかけていただきます。
画像

人気店だけあって、メニューにしっかり日本語表記もある『興記』さんです。
画像

※「保仔飯」の「保」は、実際は「保」の下に「火」と書きます。

今回外で朝食とったのは、1度だけでした。

地元民は、朝から出前一丁やマカロニのスープ煮の人が多いですが、僕は外国人なのでいつもの「三文治」(サンドイッチ)です。卵焼きとトマト、そして初めから砂糖とミルク入りの香港の紅茶。
画像

空港にも支店があるお店です。
画像


相変わらず、香港はオモシロ日本語の宝庫です。
潤いが求められて久しいのに、「極度乾燥(しなさい)」って(笑)。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーツケースで香港(4) 神戸シノワズリ倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる