神戸シノワズリ倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS スーツケースで香港(2)

<<   作成日時 : 2017/12/28 17:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夜、おいしいビールが飲めるところに行きたくて、こちらへ。
中環(セントラル)、Jardine House(ジャーディンハウス)の地下にある『Morty's Delicatessen(モーティーズ デリカッセン)』さんへ。

こちらでパストラミビーフのサンドと一緒にいただいたのが、オーストラリアのビールです。
なぜこの銘柄にしたか?ハッピーアワーの対象メニューだったからです(笑)。
クセのない飲みやすいビールでした。
画像

3分の2ぐらい飲んだところで、パストラミビーフサンドイッチのセットの登場です。
「パストラミ」とは、「牛の赤身肉を塩漬けして粒胡椒をまぶし、燻煙(くんえん)したもの。」だそうです。
セットは、グリーンサラダかフライドポテトか選べました。
さんざん迷った末に、野菜不足解消のために断腸の思いでサラダを選びました。(ホントはフライドポテトにしたかったくせに、笑)
画像

真横から。
画像

そして、断面図。うれしくなるビーフの層です。
一杯目を飲み干した後、絶妙のタイミングで聞いてくれたので、同じもののおかわりをお願いしました。
画像

こんな素敵なお店を教えてくれたブロガーさんに感謝します。
画像


そして、香港に来たら、このお店に行かなければならない使命があります。
銅羅湾(コーズウェイベイ)にある、あの名Barへ。
アイラ島のジン「ザ・ボタニスト」を。そのままロックでいただきました。とてもおいしいジンです。
画像

そして、こんなウイスキーをロックで。「ゴードン&マクファイル 」を。初めて飲んだ銘柄です。
画像

日本と香港の現状について、情報交換したり、他愛もない話をしたり、この日は当初僕一人だったので、ゆっくりマスターとお話できました。
ところが、1時間ほど経過すると、あれよあれよという間にすっかりお客さんで埋め尽くされました。相変わらず香港日本人社会の癒しになっているBarです。

そして、また悪い癖が。
香港で飲んだ後のシメは、これしかありません。「雲呑麺」(ワンタンミン)です。また『麦文記』さんで。
登場したての画。
画像

ワンタンを掘り起こした後の画。実際はもう1個、麺の下に隠れていました。
画像

かつてのようには目立たなくなった香港のネオンサイン。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーツケースで香港(2) 神戸シノワズリ倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる