神戸シノワズリ倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS ふんわり東京、鶯谷編

<<   作成日時 : 2017/08/14 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHKの『ドキュメント72時間』で、2014年に放映された「大都会・真夜中の大衆食堂」。
24時間営業のその大衆食堂が存在するのが“鶯谷(うぐいすだに)”です。

「大都会東京屈指のディープスポット、鶯谷を御存じだろうか?」、ナレーション吹石一恵さんのこの台詞で番組はスタートしていました。
JR山手線の駅の一つですが、乗降客が一番少ないと言われるこの「鶯谷」を一度覗いてみたかったのです。

改札を出た瞬間に“ディープ”の意味が実感できました(笑)。駅前にこれだけ○○ホテルが密集している街も珍しいのでは。

『72時間』で紹介された24時間営業の『信濃路』さんは、すぐに見つかりました。
しかし、僕が目指したのは『信濃路』さんではなく、『孤独のグルメ』Season3第八話で紹介された『鳥椿』さんです。
画像

井之頭五郎チョイスのメニューから、「おろしポン酢」、「油淋肝(ユーリンカン=レバーのから揚げ)」、「名物ハムカツ」を。
画像

そして、しめのごはんも五郎さんチョイスから「鳥鍋めし」(生卵つき)を。
ごはんに鳥のすきやきを乗っけた小どんぶりです。
画像

ちょうど、お客さんの少ない時に入店できてよかった。みるみるうちに店内満席に。
画像


サクッと1泊だけの東京でしたが、お土産を購入するお店も決めていました。
こんな老舗があったとは全然知りませんでした。『芥川製菓』さん(池袋IPS内)です。
画像

チョコレートが主力商品のお店です。
画像

板チョコのミルクが有名なようです。いろいろ買って帰りました。店員さんが試食もさせてくれる親切なお店でした。
画像

羽田空港では、夜食用に毎度おなじみの『崎陽軒』さんの「シウマイ弁当」を買うつもりだったのです。しかし、『鳥椿』の分厚いハムカツが重くのしかかっていたので、少し軽くしました。
『崎陽軒』さんの「おべんとう夏」(700円)に。
画像

「シウマイ」もふたつ入っています。枝豆のごはんが夏らしいですね。
カメラの加減で色目がちょっと変ですが。
画像

K君が吉祥寺『小ざさ(おざさ)』の最中を持たせてくれました。
ここの羊羹を目当てに、連日早朝から行列ができる超有名店です。
最中は、小豆あんと白あんの二種類があります。とても上品でおいしい最中です。
画像

短くも充実した旅になりました。やはり、東京は深い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふんわり東京、鶯谷編 神戸シノワズリ倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる