神戸シノワズリ倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS あじフライ定食とか…

<<   作成日時 : 2017/07/16 23:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

多忙にて更新がままならず、ゴメンナサイ。

先日、土曜朝の旅番組のとあるコーナーで、ラッシャー板前氏があじフライをおいしそうに食べている姿を見て、あじフライが食べたくなりました。
神戸であじフライをレギュラーメニューで出しているお店があるのか?と調べてみると、ありました。三宮「サンパル」1F、飲食店が並んでいる一画にある「山陰・隠岐の島ワールド」さんが出していました。
あじフライ定食680円(税別)です。
画像

「あじフライ」は、島根県境港にある食品加工会社『角屋食品』さんの無添加アジフライです。
画像


「きょうされんカレー」なるものを入手しました。

「きょうされん」とは、「作業所、グループホーム、相談支援事業所など、障害のある人たちを支援する事業所によって構成されている団体」です。

「国産牛・国産野菜など素材にこだわったビーフカレー」だそうです。
あたためたレトルトパウチを開けると、具がゴロゴロ出てきて、うれしくなりました。味もパッチリです。日本のレトルトカレーのレベルの高さにあらためて驚かされます。好物の野菜フライ天を添えました。
画像


近頃、NHKオンデマンドで放映され始めた、たった5分間のドラマにハマっています。

その名は、「野田ともうします。」。

原作はマンガですが、ドラマは実写です。
主人公野田かずこを演じるのは兵庫県姫路市出身の江口のりこさん。

野田さんが通う「東京平成大学」とバイト先のファミレス「ジョリーズ」が舞台になっていますが、どちらも天然の野田さんをあたたかく見守る仲間たちがいます。
全く悪気のない純真な野田さんの、ちょっと外れた言動に笑いがこらえきれません。
思わず原作のマンガも買ってしまいました。元来マンガは読まない人間なのに。
一編がとても短いので、ショットバーでハイボールでも飲みながらぼんやり眺めるのにも、もってこいの作品です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ地上デジタル放送になる前、ワンセグのこの番組をアナログでやってたのをビデオ撮って
みてました。やっぱ、平成東京大学は埼玉にあるんですねぇ。
この番組見て何十年も前に読んだ「罪と罰」なんぞもひっぱりだして読みましたよ。(^^ゞ
ガン
2017/07/19 15:10
原作を読むと、ドラマが原作にとても忠実に描かれていることがわかります。脇を固めるバイプレイヤーたちがみんなハマっていて、キャスティングも素晴らしいドラマですね。
神戸シノワズリ倶楽部 主宰
2017/07/28 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
あじフライ定食とか… 神戸シノワズリ倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる