神戸シノワズリ倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪はすすぐ…(余市と小樽と札幌と)6(終)

<<   作成日時 : 2017/02/03 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

帰りの飛行機の時間が遅いこともあって、札幌に寄り道することにしていました。
ランチ2次会は、札幌で野菜不足解消?です。

目指すは『狸小路商店街6丁目』のこちらです。
『喜来登』(きらいと)さんです。
画像

メニューもシンプル。値段もお手頃。このほかには生ビールがあるだけです。
画像

ほとんどのお客さんの注文が「みそ」でした。僕も迷わず「みそ」で。
ねぎ大盛りで注文したのではありませんよ。これがこのお店のスタンダードです。
ねぎに隠れて見えませんが、下にはもやしもありました。
画像

上から。
「みそ」にはチャーシューは乗りません。つくねのようなミンチが乗ります。メンマも入っています。
画像

更に横から。
スープを上からすくうととても薄味です。底が濃くなっています。リサーチ済だったので、ねぎをこぼさないように慎重に下からスープをまぜるようにしていただきました。スープの中にたまねぎも隠れていました。
麺は黄色い太めの縮れ麺です。
画像

店内には多くの芸能人のサイン色紙が飾ってありました。
今度は「しょうゆ」を味わってみたい『喜来登』さんです。
画像

ランチ2次会も無事に終了。新千歳空港に向かいました。
手荷物検査を終え、最後の買い物も済ませてひと安心。空港では、ソフトクリームを食べようと決めていました。
こんな幟(のぼり)が目に入りました。
よく読んだら当たり前じゃないか!(笑)
画像

これに決まりです。
画像

店員のお姉さんに「ミックス」でお願いしたら、「コーンにしますか?それともカップにしますか?」と問われました。すぐに結論を出せなくて、逡巡していたら、「カップにコーンを挿しますか?」と来ました。
カップにコーンを挿す?どういうことだ???まるで井之頭五郎状態で、しばし固まってしまいました。
思い切って、「じゃあ、カップにコーンを挿してください」とオーダーしました。
それがコレです。確かにコーンが挿されています(笑)。カプチーノのソフト、もちろんおいしかったです。
画像

目論見通りに行かないこともありましたが、それが旅の醍醐味です。やっぱり旅はやめられない。

おわりに

今回の小旅行記のタイトル「雪はすすぐ…」は、歌人 俵万智さんの一首〔『もうひとつの恋』(角川文庫)所収〕、

「雪」は「雪ぐ(すすぐ)」私の何を雪ぐためみぞれ静かに降ってくる朝

からとりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪はすすぐ…(余市と小樽と札幌と)6(終) 神戸シノワズリ倶楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる